search

「勃起しても柔らかい」
原因と考えられる病気一覧

お悩み・症状に対する、原因と考えられる病気の一覧です。
クリックすると気になる病名の治療法や詳細の記事を確認できます。
※本サービスの情報提供は診療行為に代わるものではございません。
留意された上でご利用願います。

  • ED(勃起不全)
    治療法を確認する

    男性の性機能障害のひとつ。勃起機能の低下により、満足な性行為を行うのに十分な勃起を得られなかったり維持できない状態。

    記事を確認する

  • 男性更年期障害

    ストレスや加齢に伴い、男性ホルモンが減少することで発症。意欲、記憶力、性欲が著しく低下してしまう。筋肉や骨も弱くなる。

    記事を確認する

  • 2型糖尿病

    遺伝的な要因と生活習慣により発症。放置していると血管を傷つけ、将来的に心臓病、腎臓病、失明、足の切断といった深刻な病気につながる。

  • 適応障害

    ストレス性障害でよく見られる疾患のひとつ。気分の落ち込み、著しい不安や頭痛、眠れなくなるなどの身体症状が現れやすくなっている状態。

  • うつ病

    ストレスが原因で気分やエネルギーが落ち込んでいる状態。脳が正常に機能できておらず、考え方もネガティブになりやすい。

  • 動脈硬化

    血管が硬くなり伸縮性が失われている状態。悪化することで高血圧の発症や血管の破裂、狭窄や血栓による閉塞を起こす可能性。

勃起しても柔らかいのはなぜ?

勃起しても以前のような硬さが出ない・・・
挿入するのに十分な硬さが維持できない・・・
これらの症状は、実はそれぞれに原因があるかもしれません。
例えば、今までは硬さが出ない原因の1つとして考えられていたのが加齢です。
しかし、現在では加齢ではなく「男性更年期障害」が原因と考えられるようになりました。
勃起しても柔らかい場合、他にも考えられる原因は複数あります。
そのため、悪化させずに改善するためにも、早めに医師に診察をしてもらうのがオススメです。

Q.勃起力が弱まったらもう元には戻れませんか?
 A.勃起力が弱まった原因を判断し、その原因を取り除くことで元に戻る可能性があります。ただし、原因を個人で特定するのは困難なため、早めに医師に相談することをオススメします。
Q.勃起しても硬さが出ないためED治療薬を使用していますが継続して使用すると効果が弱まりますか?
 A.いいえ。ED治療薬を継続して使用しても耐性が生まれることはありません。
Q.勃起したときに硬さが出ないだけなので放置しても問題ないですか?
 A.いいえ。症状の悪化する可能性があるため、早めに医師に相談することが大切です。生活習慣病が原因の場合、他の重病に発展する可能性もあります。
Q.勃起で診察を受けるのが恥ずかしい場合はどうすればいいでしょうか?
 A.オンライン診療を活用することで他人と会わずに診察を受けることが可能です。また、ED治療を行うクリニックでは完全予約制や完全個室などを導入するなどプライバシー保護が重視されています。そのため、1度受診することで恥ずかしいという気持ちはなくなることが予想されます。