search

「射精しにくい」
原因と考えられる病気一覧

お悩み・症状に対する、原因と考えられる病気の一覧です。
クリックすると気になる病名の治療法や詳細の記事を確認できます。
※本サービスの情報提供は診療行為に代わるものではございません。
留意された上でご利用願います。

  • ED(勃起不全)
    治療法を確認する

    男性の性機能障害のひとつ。勃起機能の低下により、満足な性行為を行うのに十分な勃起を得られなかったり維持できない状態。

    記事を確認する

  • 男性更年期障害

    ストレスや加齢に伴い、男性ホルモンが減少することで発症。意欲、記憶力、性欲が著しく低下してしまう。筋肉や骨も弱くなる。

    記事を確認する

  • 腟内射精障害

    自慰行為では射精できるが、性行為時に射精しにくい、または射精できない状態。主に不適切な自慰行為が原因であることが多い。

  • 遅漏

    射精に至るまでの時間が自分の意思に反して遅い状態。精神的なストレスやトラウマ、誤った自慰行為が原因として挙げられる。

  • 2型糖尿病

    遺伝的な要因と生活習慣により発症。放置していると血管を傷つけ、将来的に心臓病、腎臓病、失明、足の切断といった深刻な病気につながる。

  • 適応障害

    ストレス性障害でよく見られる疾患のひとつ。気分の落ち込み、著しい不安や頭痛、眠れなくなるなどの身体症状が現れやすくなっている状態。

  • うつ病

    ストレスが原因で気分やエネルギーが落ち込んでいる状態。脳が正常に機能できておらず、考え方もネガティブになりやすい。