search

ED治療薬の個人輸入は偽物が多い?通販の危険性について

ED治療薬の個人輸入は偽物が多い?通販の危険性について このページでは、ED治療薬を個人輸入することへの危険性について詳しく解説しています。
これから利用しようと考えている人はもちろん、すでに利用し服用している人も、購入しようとしているED治療薬が本当に安全なのか考えるきっかけになればと思います。

目次

  1. 海外通販(個人輸入)の約4割が偽物
  2. 日本の厚生労働省が出している注意喚起
  3. 海外通販(個人輸入)の購入は避けてクリニックで処方してもらいましょう
  4. ED治療薬の海外通販(個人輸入)についてよくある質問

海外通販(個人輸入)の約4割が偽物

海外通販(個人輸入)の約4割が偽物 ED治療薬を製造販売する4社(ファイザー(現ファイザー)、バイエル、日本新薬、日本イーライリリー)が2016年に行った偽造ED治療薬調査では、海外通販(個人輸入)で購入したED治療薬の約4割が偽物であることがわかっています。

偽造医薬品の報告は2005年にはたった11件だったものの、2015年には1,030件と10年間で約100倍近くにも膨れ上がっています。
しかもその多くがED治療薬となっており、男性の悩みが悪質業者の格好の標的となっていると言えるでしょう。

亡くなってしまった人もいる

偽物のED治療薬を服用しても「効果がないだけ」と軽く考えている男性もいるでしょう。
しかし服用した人の中には亡くなってしまった人もおり、

  • 2008年シンガポール
  • 低血糖による昏睡状態に陥り、2名が死亡

  • 2015年日本
  • 偽造ED治療薬と因果関係は不明としつつも1名が死亡

医療機関以外からED治療薬を購入することが、いかに危険かがわかる結果となっています。

ED治療薬の偽物

偽造されたED治療薬は明らかに偽物とわかるものもありますが、中には服用してみるまでわからない精巧に作られたものもあります。

ED治療薬の偽物 偽造品の割合から考えても約2回に1回は偽物の可能性があるだけに、海外通販(個人輸入)でED治療薬を購入するのは控えるようにしてください。

不衛生な製造現場

偽物のED治療薬は、主にアジア圏の発展途上国を中心に世界60カ国以上で見つかっています。
衛生管理の整っていないアパートの1室で製造されていたなんてこともあり、本来であれば含まれているはずのない成分が人体に与える影響は計り知れません。

しかも中国では本物のバイアグラに近づけるために、青のプリンターインクを混ぜていたケースも。

どこでどう製造されているかわからないだけに、品質管理が徹底されている医師処方のED治療薬を服用することが望まれます。

日本の厚生労働省が出している注意喚起

日本の厚生労働省が出している注意喚起
厚生労働省は、海外通販(個人輸入)で海外医薬品やサプリメントを購入するリスクに関して警鐘を鳴らしています。

  • 購入者の9割がを本物と思い込んでいる
  • 危険意識の甘さ
  • 健康被害
  • 個人情報の流出やスキミング被害
  • 反社会的組織の資金源

など

もしなにかトラブルが起こっても自己責任になり、健康被害を受けても救済(医薬品副作用被害救済制度)の対象にもなりません。

こうしたことから個人が医薬品を輸入することは得られる利益よりもリスクの方が高く、また偽物を日本に持ち込めば罰則の対象となることがあるので十分に注意してください。

海外通販(個人輸入)の購入は避けてクリニックで処方してもらいましょう

海外通販(個人輸入)の購入は避けてクリニックで処方してもらいましょう 海外通販(個人輸入)は、ED治療薬のように自費診療となっている医薬品が特に低価格で入手しやすいです。
しかし価格の安さにはいくつもの落とし穴があり、医薬品という性質からも一般の人がリスクを判断できる範疇を超えていると言えるでしょう。

安さや便利さに惑わされず、必ずED治療薬は医師のいるクリニックで処方してもらうようにしてください。

ED治療クリニック一覧はコチラ

ED治療薬の海外通販(個人輸入)についてよくある質問

Q.ED治療薬を安心して購入できる業者はいるの?

A.絶対に安全と保証できる業者はいません。
2022年時点でもインターネット上で検索すれば、偽物を思わしきED治療薬の流通がいくつか見受けられます。
中にはSNSなども活用して個人が転売しているケースもあるだけに、軽い気持ちで手を出すことはしないでください。
健康はお金では買えないだけに、少し手間かもしれませんが医師のいる病院やクリニックに受診し処方してもらいましょう。

Q.通販で届いたモノが本物かはどうやって調べたらいい?

A.中身の成分を確認するためには、成分鑑定に出すしかありません。
しかし個人で対応してもらえるかはわからず、また費用がかかるだけに病院やクリニックよりも高くつくので現実的ではないでしょう。
最近ではパッケージや錠剤の見た目だけでは判断できないケースも多いだけに、飲んでみるまでわからないというリスクは冒さないようにしてください。

Q.クリニックで使用されている海外製ジェネリックは何で安全なの?

A.クリニックで処方されている海外製ジェネリックは、医師の責任のもと第三者機関への成分鑑定依頼や品質のチェックを行っているため安全とされています。
万が一なにかあった際も処方した医師が対応するため、個人が購入するのとは意味合いが異なると言えるでしょう。
また医薬品には、服用できない人や飲み合わせが悪いお薬など服用上のルールがいくつもあります。
知識を持たない個人が取り扱えるものではないだけに、医師の管理・指導のもと服用するようにしてください。

Q.通販の商品を飲んで効果があれば大丈夫?

A.決して大丈夫とは思わないでください。
なにが混入しているかわからず、後々その影響が身体に現れてしまうことも考えられます。
また医薬品の効果については、その日の体調や健康状態によっても左右されます。
常に効果の裏には副作用があり、通販の商品に関して言えば予測できない健康被害というプラスαのリスクを伴うことを忘れないでください。

参考

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。