search

プロペシア(フィナステリド)は海外旅行に持っていける?国内への持ち込みは?

プロペシアと海外旅行

海外に旅行や仕事で行く際、このようなことを考えたことはありませんか?

  • 海外にプロペシアは持って行ける?
  • 海外のプロペシアを日本へ持ち帰れる?

ここでは、プロペシアを国内外へ持ち込む場合の、注意点や確認事項を解説していきます。

目次

  1. プロペシアは海外に持っていけるの?注意点は?
  2. プロペシアを海外に持っていく場合は英文の薬剤証明書があると安全
  3. 海外で購入したプロペシアを国内へ持ち込む注意点は?
  4. 海外旅行にプロペシアを持っていく場合は事前に確認!持ち込む場合は容量を確認!

プロペシアは海外に持っていけるの?注意点は?

プロペシアを海外に持っていくことは基本的には問題ないといえます。
ただし、国ごとにルールが異なるため、世界中どこへでも持ち運べるわけではありません。

プロペシアは毎日服用を必要とする薬なだけに、まずは次の注意点や対処法から確認していきましょう。

それでは確認していきましょう。

持ち込める量は個人使用分のみ

海外に持ち込めるプロペシアの量は、個人で使用する分のみとなります。
滞在期間に必要な量に比べて多すぎる量を持ち込もうとした場合、営利目的と判断される可能性があるため注意しましょう。
営利目的と判断されると、当然ながら持ち込めません。

なお、プロペシアの他にも治療薬を併用している場合、クリニックによっては1回に服用する薬をまとめて分包化して処方しているところがあります。
パッケージから移し替えられていると医薬品か確認が難しくなり、場合によっては持ち込みを認めてもらえないことがあるため注意が必要です。

本来の容器やパッケージで処方されていない場合には、事前に医師に相談するようにしましょう。

長期滞在で持ち込み量が多い場合は?

海外への滞在期間が長いと、プロペシアの持ち込み量も比例し増えていきます。

国によっては滞在日数に関係なく、持ち込み量が制限されていることもあるため注意が必要です。
そのため、事前に駐日海外公館をチェックして問い合わせるようにしましょう。

万が一、渡航先でプロペシアが不足してしまった場合でも、郵送で送ってもらうのは控えましょう。
国によっては、郵送による持ち込みを一切認めていない国もあります。

渡航先が持ち込み禁止の場合

プロペシアは世界60ヶ国で承認されているため、基本的には持ち込みに問題はありません。
ただし持ち込み禁止かどうかを事前に確認しなければ、渡航先で承認されておらず持ち込めないという場合もあります。

確認方法としては、渡航先の大使館・領事館のホームページの確認をしましょう。
持ち込みに手続きが必要となる場合、基本的にはホームページ上で告知されています。

旅行会社を利用するのであれば、担当者に相談してみるのも良いかもしれません。
持ち込みの手続きには時間がかかることがあるため、ゆとりをもって準備しましょう。

プロペシア以外のAGA治療薬の持ち込み

ミノキシジルやザガーロといったAGA治療薬の場合も基本的に海外に持っていくことが可能です。

ただし、念のため、事前に渡航先の大使館・領事館のホームページで持ち込みが問題ないか確認しましょう。

プロペシアを海外に持っていく場合は英文の薬剤携行証明書があると安全

プロペシアの持ち込み

プロペシアを海外に持っていく場合、税関とのトラブルを回避するためにも薬剤携行証明書を持参するのも1つの方法です。

滞在日数に見合う量なら基本的には問題になりませんが、テロ対策としてアメリカをはじめとする国々への医薬品の持ち込みは年々厳しくなっています。
しかし、持参薬を証明する英文での薬剤携行証明書があるとトラブル回避につながるため安心です。

薬剤携行証明書とは?

薬剤携行証明書とは、持参した薬が正当な理由で所持していることを証明する書類です。

主に薬を処方した医師や調剤した薬剤師が作成し、処方医の署名サインが必要です。
薬剤携行証明書には以下のことが書かれています。

  • 患者の氏名
  • 薬剤名
  • 病名
  • 医師名
  • 病院名および住所、電話番号

薬剤携行証明書があれば、トラブル回避にもつながるため、安全策として発行してもらうのも1つの方法です。

薬剤携行証明書を発行してもらうには?

薬剤携行証明書は処方先の主治医に依頼をすることで発行してもらえます。

時間がかかることもあるので、すでに予定がわかっているのであれば前もって相談しておくとスムーズです。
クリニックによっては発行費用がかかるため、その点も確認しておきましょう。

海外で購入したプロペシアを国内へ持ち込める?注意点は?

国内への持ち込み

海外で購入したプロペシアを日本国内へ持ち込むのは個人輸入となるため、決められたルールに則っていれば問題ありません。

以下の3点を覚えておきましょう。

順に解説していきます。

持ち込み量に上限がある

医薬品の日本国内への個人輸入ですが、持ち込める量には制限があります。

  • 処方箋薬、毒薬、劇薬:1ヶ月分以内
  • 外用剤:標準サイズで1品目24個以内
  • 上記以外の医薬品・医薬部外品:2ヶ月分以内

プロペシアやプロペシアジェネリックは処方箋薬に該当するため、1ヶ月分までが持ち込み量の上限となります。

個人使用目的に限る

医薬品の個人輸入が認められるのは、購入者自身が使用する場合のみです。

そのため個人輸入する医薬品は、以下の行為が禁止されています。

  • 譲渡(誰かにあげる)
  • 転売
  • 共同輸入
  • 代理輸入

薬機法により、違反者には罰則が適用されることもあるため注意しておきましょう。

副作用は自己責任

海外で購入したプロペシアの使用では、副作用が出ても自己責任となり治療費は自己負担となってしまいます。
海外で購入したプロペシアが偽物で健康被害が生じたとしても同様です。
そのため、「医薬品副作用被害救済制度」は適用されません。

医薬品副作用被害救済制度とは、薬を正しく使ったにもかかわらず副作用が出て健康被害を受けたとき、治療費などの給付を受けることができる制度です。

海外のプロペシアを使用する際には、以上のことをよく理解しておきましょう。

海外旅行にプロペシアを持っていく場合は事前に確認!持ち込む場合は容量を確認!

海外旅行でプロペシア持ち込み

日本と海外では、薬の取扱いのルールが異なることが多くあります。
そのため、事前に確認しないと、プロペシアを渡航先に持ち込めないだけでなくトラブルに進展してしまう可能性があるため注意しましょう。
また、海外で購入したプロペシアを持ち込む場合は、上限が定められているため持ち込む量に注意が必要です。

なお、各国のルールが、いつ変更になるかはわからないため、以前に持ち込んだことがある国だから大丈夫とはいい切れません。
同じ国に渡航する場合でも必ず外務省が公表している駐日外国公館から、用量や必要書類、禁止薬剤になっていないかなどルールを確認するようにしましょう。

この記事を書いた人

オンライン編集部:タツ
オンライン編集部:タツ
31歳の時から薄毛になり、薄毛治療を始めてもうすぐ5年が経過するオンライン診療NAVI編集部のタツです。 これまで試してきた薄毛治療や薄毛の知識を発信するために、現在薄毛専門のライターとして執筆中! 市販の育毛剤やクリニックでもらう治療薬の違いなど、薄毛治療初心者にも分かりやすいように解説しています。 同じ悩みを持つ方々の力になれるよう有益な情報を伝えていければと思います!