search

オナニーをしたら抜け毛が増えた!オナニーでハゲるってウソ?本当?

オナニーでハゲる?それってウソ?ホント!?

オナニーは成人男性のほとんどが経験するいわば「男子の必修科目」・・・
彼女がいても結婚していても、男性にとってオナニーは欠かせないものではないでしょうか!

しかし「オナニーが原因でハゲになる」という噂を耳にしたことはないですか?
オナニーをしただけなのに、ハゲてしまうなんてあんまりな話です。

そこで、オンライン診療NAVI編集部の男性スタッフ総動員でこの噂の真相を確かめてきました。

このページではオナニーとハゲの関係を詳しく紹介していきます。

オナニーでハゲるって本当?

オンライン診療NAVIが出した結論からいうと、オナニーをしただけでハゲる確率は限りなく低いと考えられます。

実は、オナニーでハゲるという噂、本当かどうか科学的検証はされていません。
そのため、断定はできないのですが現状は「オナニーではハゲない派」が優勢です。

しかし、なぜオナニーがハゲの原因といわれるのか・・・
それは、「男性ホルモン」と「髪の毛の栄養」がオナニーに関係があると考えられているからです。
もう少し詳しく確認していきましょう。

男性ホルモンとハゲの関係

日本人が薄毛になる原因の約9割が、「AGA(男性型脱毛症)」と言われています。
このAGAの原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる男性ホルモンの1種なのです。

性欲の強い方は男性ホルモン値が高い傾向にあり、実際にオナニーをすると男性ホルモンは増加します。
ただし、増加する男性ホルモンは「テストステロン」です。

  • AGAの原因:DHT(ジヒドロテストステロン)
  • オナニーで増える男性ホルモン:テストステロン

ややこしく感じるかもしれませんが、この2つは全くことなる男性ホルモンです。
テストステロンは、主に男性の睾丸から分泌される、男性らしさの元となる重要な働きをします。

  • 男性の第二次性徴
  • 筋肉や骨の成長
  • 脂肪を付きにくくする
  • 性欲を高める
  • 免疫力を高め健康を維持する
  • 男性的な思考や行動(決断力・チャレンジ精神・バイタリティー)

テストステロンはAGAの原因にもなりませんし、抜け毛を増加させるような働きもありません。

やっぱり、「オナニーがハゲの原因」は噂だった・・・まだ断定するには早すぎます!
次項でAGAの原因DHTについて確認してみましょう。

AGAの原因「DHT(ジヒドロテストステロン)」

DHT(ジヒドロテストステロン)は、オナニーで増加する男性ホルモン「テストステロン」と体内にある酵素「5αリダクターゼ」が結合することで生成されます。

  • DHT=テストステロン+5αリダクターゼ

このDHTが頭皮にある「AR(アンドロゲンレセプター)」と呼ばれるホルモン受容体と結合することで脱毛因子が活性化されます。
すると、毛母細胞などの働きが抑制されることで脱毛が起こってしまうのです。

ここで以下のように感じる方は多いはずです。
やっぱりオナニーをすると増えるテストステロンが悪の元凶・・・
確かにテストステロンの量が多ければ、DHTの量も必然的に多くなりAGAになると考えてしまうものです。

しかし、そうではありません。

AGAを発症する上で大きな要素となるのは「5αリダクターゼの活性度」と「AR(アンドロゲンレセプター)の感受性」です。
この2つの要素は、ほぼ遺伝により決まっているため、オナニーをしたからといってAGAの原因となるDHTが大量に作られることはありません。

なお、加齢やストレス、疲労などが原因でテストステロンの分泌が少なくなると、それを補う形でDHTが生成されやすくなってしまいます。
つまりオナニーよりも、加齢やストレス、疲労が原因でDHTが増加する可能性があるのです。

ここまでで1つ結論を出すと・・・
オナニーがAGAの原因となる男性ホルモン「DHT」増加の原因とは考えにくいということです。
続いて、もう1つの噂の理由「髪の毛の栄養」について確認してみましょう。

AGAの原因を詳しく確認する

AGAと遺伝の関係を詳しく確認する

オナニーで栄養バランスが崩れる?

オナニーで栄養バランスが崩れる?

オナニーとハゲを結びつけるもう1つの理由が「オナニーで髪の毛の栄養が失われる」です。

結論からいうと、オナニーで髪の毛の栄養不足になることは考えにくいといえるでしょう。

少し詳しく説明すると、髪の毛の成分の9割が「タンパク質(ケラチン)」です。
精子もタンパク質から作られています。
とはいえ精液に含まれるタンパク質はごく微量で、1回の射精(5㎖ほど)で252㎎です。
精子が作られるために必要なタンパク質は少ないため、髪の毛に回らないというものではありません。

その他、髪の毛の成長に必要な成分には「アルギニン」や「亜鉛」があります。

アルギニン
アルギニンはアミノ酸の一種で、テストステロンの分泌を促し、髪の毛を太くする、精子量の増加、精子の運動率を高めるなどなどの働きがあります。
このアルギニンも、オナニーで足りなくなるものではありません。

亜鉛
亜鉛は、髪の毛のタンパク質ケラチンの合成に必要な成分です。
亜鉛は精子の量を増やす働きがあると言われていましたが、実際には精子の製造には関らないことが判明しています。

実際に栄養不足が原因で抜け毛が増えている方もいます。
その場合、もともとタンパク質やアルギニンの摂取量が少ないことが関係しているため、オナニーが直接の原因とはなりません。

つまり、オナニーで栄養バランスが崩れるという考えも、オナニーがハゲの原因となるとは考えにくいということです。

結論!オナニーはハゲの原因とは考えにくい

オナニーでハゲるって本当?

ここまでオナニーがハゲの原因と考えられる理由を挙げてきました。

  • 男性ホルモン増加説
  • 栄養不足説

どちらもオナニーがハゲの直接的原因になるとは考えにくいものでした。
もしかしたら、今後、オナニーがハゲの原因となる有力な説が生まれるかも知れません。
その場合は、改めて検証をしてこのページで報告します!

精子は定期的に出す方がいい

抜け毛を気にするあまり、オナニーをせず「禁欲」することでハゲを防止しようとする方がいるかも知れません。

これは、あまりおすすめできません。

禁欲した状態では、古い精子が精巣に残ることで運動率が低下など精子の劣化があわられるようになります。
つまり、古い精子が残ることで元気な精子が減るため男性不妊の原因にもなるので注意が必要です。

さらに禁欲を続けると肉体的・精神的ストレスになり、逆にハゲの原因となる場合もあります。

オナニーによる快感はストレスの発散リラックス効果にも繋がります。
過度にオナニーをすることは逆効果ですが、3日~5日に1回は射精するようにした方がいいでしょう。

抜け毛や薄毛が気になる場合は

抜け毛や薄毛が気になる場合は、適切な治療が必要です。
とくにAGAは進行性の脱毛症のため、治療をしないまま放置すると悪化してしまいます。
例え、オナニーをガマンしても改善する可能性は限りなく低いことを理解しなくてはいけません。

AGAの場合、早めに治療を開始すれば満足な改善効果を得られる可能性も高まります。
そのため、抜け毛や薄毛が気になった段階で早めにクリニックで相談をしましょう。

もし、治療を行うクリニック探しで悩んでいる場合は、以下のページを参考にしてみてください。
オンライン診療NAVIが厳選したおすすめのプAGAクリニックを紹介しています。

参考サイト一覧

以下はこのページを作成するにあたり、参考にしたサイトです。

この記事を書いた人

オンライン編集部:タツ
オンライン編集部:タツ
31歳の時から薄毛になり、薄毛治療を始めてもうすぐ5年が経過するオンライン診療NAVI編集部のタツです。 これまで試してきた薄毛治療や薄毛の知識を発信するために、現在薄毛専門のライターとして執筆中! 市販の育毛剤やクリニックでもらう治療薬の違いなど、薄毛治療初心者にも分かりやすいように解説しています。 同じ悩みを持つ方々の力になれるよう有益な情報を伝えていければと思います!