search

ベアAGAクリニック

star star star star star  0.0(口コミ 0件
東京都新宿区新宿3丁目14-22 ⼩川ビル 4階(MAP)
新宿3丁目駅 徒歩1分
新宿駅 徒歩7分
診療科目:皮膚科 美容皮膚科 エイジングケア内科
03-5925-8241

特徴

東京メトロ「新宿三丁目駅」B3出口より徒歩1分とアクセス良好な立地に開院するのが、ベアAGAクリニック新宿院になります。
男性のデリケートな悩みであるAGAやEDの診療をはじめ、女性のFAGAやライフデザインドラッグとされるピル(避妊薬)の処方も行っています。
オンライン診療も可能で、薄毛治療に関しては症状やご希望に合わせたプランを選択するができます。
また、患者様のプライバシーを重視していることから、完全個室になっており、通院する場合であってもの異性と鉢合わせる心配もありません。

診療時間

時間
11:00~14:00 - - - -
15:00~20:00 - - - -
10:00~13:00 - - - - - -
14:00~19:00 - - - - - -
休診日:木・祝

地図

ベアAGAクリニック

東京都新宿区新宿3丁目14-22 ⼩川ビル 4階

医師・スタッフ紹介

  • スタッフ

    院長 清水 崇裕

    経歴
    2011年:東京医科大学医学部卒業
    卒業後:東京医科大学病院にて臨床研修開始
    2013年:同病院放射線科医局にて勤務
    2016年:同病院放射線科⾮常勤講師に就任
    2017年:大手AGAクリニックにて勤務
    2020年:ベアAGAクリニック開設院長を務める
    資格
    2011年:医師免許
    2016年:放射線科専門医
    2018年:日本医師会認定産業医
    2018年:医学博士
    所属学会
    日本抗加齢医学会会員
    日本医学放射線学会会員

主な処方薬と施術治療

ここで紹介する処方薬や施術治療はこのクリニックの治療法の1部です。
症状に応じて他の治療薬の処方や施術治療が行われる場合もあります。

料金一覧
【ED治療薬】
バイアグラ50mg(1錠)
1,320円
バイアグラジェネリック50mg(1錠)
1,100円
レビトラジェネリック20mg(1錠)
1,100円
シアリスジェネリック20mg(1錠)
1,540円
【AGA治療薬】
フィナステリド1mg(1ヵ月分)
2,750円
ザガーロ0.5mg(1ヵ月分)
10,450~10,978円
スピロノラクトン
2,750円
【施術】
メソセラピー
71,500円
【避妊薬】
効果時間72時間以内(緊急避妊ピル)
11,000円/回
効果時間120時間以内(緊急避妊ピル)
16,500円/回
低用量ピル(OC: Oral Contraceptives)
3,300円/回
       

こだわり

設備

  • クレジットカード可
  • 完全個室

施術

  • オンライン診療
  • メディカルローン
  • 治療薬の配送可
  • カウンセリング無料
  • 先発薬
  • ジェネリック薬

スタッフ

オススメポイント

  • 初診からオンライン診療可
  • 土曜診療可
  • 日曜診療可
  • 19時以降診療可
  • 後払い可
  • 駅チカ
  • 即日処方
  • 院内処方
  • 完全予約制

口コミ

このクリニックを受診して感じたことを投稿してみませんか?

あなたの口コミがクリニックを探している方の参考になります。

口コミ投稿に関しては、当サイトの口コミガイドラインをご確認ください。

基本情報

クリニック名
ベアAGAクリニック
診療科目
皮膚科 美容皮膚科 エイジングケア内科
導入オンライン診療アプリ
CLINICS 
住所
東京都新宿区新宿3丁目14-22 ⼩川ビル 4階
問い合わせ先
03-5925-8241
info@bea-agaclinic.jp
支払方法
・現金払い
・銀行振込
・クレジットカード払い
(VISA、MasterCard、American Express)
・その他
後払い、医療ローン
メディカルローン
予算の目安
個室数・部屋数
駐車場
公式SNS
公式Twitter
公式HP
https://www.bea-agaclinic.jp/

掲載している情報についてのご注意

■副作用などの治療に関わるリスク

・ED治療薬の主な副作用:ほてり、目の充血、頭痛など
・AGA治療薬の主な副作用:性欲減退、頭痛、かゆみなど
・AGA施術治療の主な副作用:頭痛、血圧低下、術後の一時的な痛み、皮膚の炎症、皮下出血など
・FAGA施術治療の主な副作用:頭痛、血圧低下、術後の一時的な痛み、皮膚の炎症、皮下出血など
・FAGA治療薬の主な副作用:頭痛、かゆみ、胸の痛み、発疹など
・早漏治療薬の主な副作用:めまい、頭痛、吐き気、かぶれ、かゆみなど
・アフターピルの副作用:吐き気、嘔吐、頭痛、消退出血、不正子宮出血など
・低用量ピルの副作用:乳房痛、悪心、頭痛、倦怠感など

何か異常を感じた場合はすぐに医師に相談してください。
各治療の効果や治療期間は症状や原因による個人差が大きく、断定が困難なため治療を通じて医師に相談してください。
各治療薬の詳細は以下より確認できます。


■紹介している治療法について

ここで紹介している治療法は、自由診療のため公的医療保険の適用外となります。
各症状の詳しい治療法は以下から確認できます。


■紹介している医薬品について

日本国内においては、医薬品医療機器等法上の承認は取得していない医薬品を医師などが個人輸入により入手している場合があります。
参考:個人輸入に関する厚生労働省の案内
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。
詳しくはクリニックにお問い合わせください。

■掲載情報について

医療機関の情報(所在地、診療時間など)が変更になっている場合があるため、事前に電話連絡などを行ってから受診されることをおすすめいたします。
情報について誤りがある場合は以下のお問い合わせからご連絡をお願いいたします。