search

彼氏や旦那のEDは女性に魅力がないわけではない|正しい改善方法

EDは年齢に関係なく、誰にでも発症する可能性があります。

多くの場合は、仕事のストレスや加齢によってEDになることが多いようです。

またEDは様々な理由で引き起こされるため、それぞれ原因によって改善方法も異なってきます

ここでは女性がEDの男性に対して抱く不安や原因、女性側からできるアプローチや解決方法に対して紹介しているので是非ご覧ください。

EDは彼女や妻に魅力がないわけではない

彼氏や旦那がEDであることで女性の多くは自分に魅力がなくなったと感じています。

ただし、EDは早ければ10代・20代でも発症してしまう症状で、若ければ安心というわけでもありません。

原因は様々ですが、女性に魅力がなくなったという理由でEDになるケースは少なく、逆に充分な魅力や性的興奮を感じているようです。

そんな状態にも関わらず、男性はEDであることから思わず性行為を避けてしまうということが多くあります。

EDの原因

主なEDの原因は以下の4種類になります。

種類 原因 なりやすい年齢
心因性ED 仕事や人間関係のストレス、性行為への不安や緊張が原因 20~30代
器質性ED 体力的な衰え、高血圧や糖尿病などの習慣生活病が原因 40代~
薬剤性ED 常備薬として服用している薬の副作用が原因
混合型ED 心因性ED、器質性EDが合わさることが原因

精神的な要因、加齢や病気、薬の作用、これらが原因でEDを発症します。

男性の勃起には脳や神経、血管の状態が大きく影響しているからです。

心因性EDについて詳しくはこちら

器質性EDについて詳しくはこちら

薬剤性EDについて詳しくはこちら

EDの彼氏や旦那に女性ができる対処法

ED男性の多くが、パートナーである女性の協力を必要としています

しかし男性にも意思があるため、それぞれの考え方に合わせてアプローチしてあげてください。

何とかしようとしている男性、何も行動を起こす気が無い男性、完全に話題すら避けている男性がいます。

ここからは女性側からアプローチできる6つの改善方法について紹介していきます。

EDであることを受け入れる

女性が、パートナーである男性のEDを受け入れることが最初の一歩です。

EDを受け入れてあげることで、男性は性行為への不安や緊張感が緩和され、それだけでも安心して改善に繋がることもあります。

反面、最もやってはいけないことは男性を責めてしまうことです。

  • 「またダメになっちゃった?」
  • 「いつになったらできるようになるかな?」
  • 「まさか浮気してないよね?」

思わず言ってしまった言葉で男性に大ダメージを与えてしまい、最悪の場合は関係の悪化に繋がってしまいかねません。

女性にとってパートナーのEDは重要な悩みですが、男性はそれ以上に悩み、プレッシャーを感じている場合があります。

まずはその不安を女性が寄り添う姿勢で、優しく受け入れてあげてください。

性行為を強要しない

EDを受け入れたとしても、性行為を男性に強要しないようにしましょう。

やらなくても大丈夫だよと伝えてあげてください。

無理やり勃たせようとするのも良くありません。

焦りやプレッシャーをより大きくしてしまい、余計に自信を喪失してしまう可能性があります。

様子を見ながらスキンシップしたにも関わらず萎えてしまったり勃たない場合は、無理に性行為を行うことが逆効果にしかなっていません。

だからといって女性がガッカリした態度や表情をしてしまうと、男性にさらなるプレッシャーを与えてしまいます。

できるだけ彼にストレスを与えず、見守るスタンスで接してあげてください。

いつもとは違う雰囲気を作る

マンネリや我慢が原因の場合、いつもと違う雰囲気を演出することで、新たに程よい緊張感や性的興奮が得られることがあります。

  • 媚薬を使ってみる
  • アダルトグッズを使ってみる
  • やったことのない体位を試す
  • 行ったことのないホテルで試す
  • AVを見ながらやってみる

男性は拒絶される恐怖から、実は自分の性癖を隠したりアブノーマルなプレイを遠慮しています。

その遠慮が普段の性的興奮を妨げていることがあるため、今までに経験のない性行為を模索してみるのも良いでしょう。

ストレートに「私にどんなことがしたい?どんなことしてほしい?」と聞いてみることで、抑圧されていた気持ちが解放され加速度的にED改善に向かうこともあります。

キスや前戯に時間をかける

愛撫の際、キスや前戯に時間をかけることが「焦らし」という興奮材料になり、それであっさり勃起する男性もいます。

さらに女性が頑張ってくれているからという気持ちが男性に芽生えるため、ED治療を促しやすい状況が形成されるのもメリットです。

女性に尽くされることで男性は優しさや包容力を感じるため、自分も尽くしてあげたいと考えるようになります。

その結果、お互いにキスや前戯に時間をかけることで、EDで苦手意識を持っていた性行為に対して、ポジティブに向き合えるようになっていくでしょう。

ED治療をおこなってもらう

性行為はコミュニケーションをとるためのスキンシップとしても重要です。

そればかりか、EDである以上は子供が欲しい場合にも大きな障害となって立ちはだかります。

EDに陥る原因は様々なため、まずは医師に診断してもらうことが望ましいでしょう。

例えば泌尿器科での診察においても、触診や下半身を見せる必要などはありません。

現在はオンライン診療でもED治療は可能であり、一般的にはバイアグラ、シアリスなどのED治療薬で治療を行います。

ただし、ED治療は本人の納得が大事です。

「良かったら相談だけでもしてみたら?」と軽く話してみる程度で促してみましょう。

ED治療薬について詳しくはこちら

生活習慣を改善する

EDは男性器に十分な血液が流れていないことが原因で勃起できない状態です。

加齢や病気などの理由で血管の状態が悪化することでも発症します。

  • 適度な運動
  • 健康的な食事
  • 早めに寝る

などの規則正しい生活に繋がる行動を、2人で一緒に実行してみてください。

高血圧や糖尿病などの生活習慣病を患っている方は動脈硬化が進んでいる可能性があり、EDだけではなく生活習慣病の前兆でもある状態です。

男性器の血管は細いため、血管や血液が悪くなっていると真っ先に影響が出ます。

根本的な原因を解決するため、元凶である生活習慣の改善を二人で一緒に行いましょう。

EDの改善はパートナーの協力が必要不可欠

EDの男性に対してパートナーがしてあげられることを紹介しました。

EDは男性にとっても大きな問題ですが、女性にとっても重要な問題です。

ダメというわけではありませんが、彼氏や旦那がEDであることで破局や離婚に発展するカップルや夫婦が、現実にはたくさんいます。

EDを改善する場合には女性の協力が必要不可欠であり、協力の有無で治療の結果や治療に要する時間が大きく変わってくるものです。

デリケートな問題ではあるものの、お互いが力を合わせることでEDは確実に改善の方向へ向かうでしょう。

EDの治療法を詳しく確認する