search

バイアグラを処方・購入する3つの方法|オンライン診療なら即日発送可能

バイアグラ併用禁忌・併用注意

バイアグラはヴィアトリス社(旧:ファイザー社)が製造販売を行う、世界ではじめてのED治療薬になります。
服用後は、性的な刺激や興奮をきっかけに男性器への血流を促すため、中折れや勃ちづらいといった症状の改善が期待できます。
このページでは、バイアグラを購入するための方法などついて解説しています。

バイアグラの効果や服用について

バイアグラを購入する3つの方法

日本国内でバイアグラを購入する方法は、医療機関・オンライン診療・通販の3通りがあります。

医療機関
(対面診療)
オンライン診療 通販
(個人輸入)
処方・配送 即日処方 最短翌日~3日 14日~30日
価格(1錠) 1,326円~1,586円 1,326円~1,586円 1,300~1,500円
安全性 高(処方薬) 高(処方薬) 低(未承認薬)
診察時間 5~10分 5~10分 なし
備考 通院コストがかかる 全国どこでも可能 偽物の可能性がある

それぞれのメリット・デメリットは、以下で紹介をご確認ください。

医療機関を受診する

バイアグラ併用禁忌・併用注意

ED専門クリニックなどの医療機関でバイアグラを処方してもらうメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>

  • 希望すればその場で処方してもらえる
  • 医師による処方なので安心してED治療に専念できる
  • もし副作用が起きても医師の適切な対応が期待できる
  • 健康状態からベストな治療を提案してもらえる

<デメリット>

  • お薬代以外にも初診料や再診料がかかる
  • 通院コストがかかる
  • 知り合いなどに見られる・会う可能性がある
  • 待機時間が長い場合がある

備えあれば憂いなしという言葉があるように、医師に直接相談できる環境はもっとも安全にED治療ができると言えるでしょう。
ただし、通院に時間がかかる方や通院しているとこを見られたくないといった方にはオンライン診療の利用がおすすめです。

オンライン診療による処方

バイアグラ併用禁忌・併用注意

オンライン診療とは、スマホなどのビデオ通話機能を利用して診察を行うサービスです。
自宅や出先などで診察が行えるため通院する必要がなく、治療薬は自宅への郵送が可能となっています。
オンライン診療のメリット・デメリットは以下の通りです。

<メリット>

  • スマホがあればオンライン診療が可能(PCでも可能)
  • 自宅で診察が受けられる
  • 処方を希望すれば自宅に郵送してもらえる
  • 通院コストがゼロ
  • 全国どこでも希望のクリニックを受診できる
  • オンライン上での診察なので、他人と接触することがない

<デメリット>

  • 治療薬が郵送のため届くまでに3日~1週間ほどかかる
  • 専用のアプリのダウンロードが必要な場合がある
  • オンライン診療に対応していないクリニックもある

オンライン診療では、全国どこのクリニックでも受診できるのが大きなメリットです。
通院の必要はないため、遠方にある評判の良いクリニックなども受診することもできます。
また、ビデオ通話を利用して医師が診察を行うため、安全面に関しても対面診療と変わりはありません

ただし、クリニックによってはオンライン診療に対応していないとこもあるため、オンライン診療を希望する場合は事前に対応しているのか確認しましょう。

個人輸入による通販

バイアグラ併用禁忌・併用注意

個人輸入は、仲介業者を通じて日本未承認の海外製バイアグラをインターネットで購入する方法になります。
個人輸入のメリット・デメリットは以下の通りになります。

<メリット>

  • 価格が安い
  • 医師の診察が不要

<デメリット>

  • 偽物・粗悪品の可能性がある
  • 重い副作用が起きても公的制度による給付が受けられない
  • 支払いを済ませても商品が到着しないこともある
  • 輸送上のトラブルもある(通関で止まるなど)
  • 到着までに数週間(14〜30日)かかる

個人輸入では海外製のバイアグラを安く購入できますが、届くまでの期間が長いことや医師が処方していないため安全性が保障されていないことなど様々なリスクがあります。

バイアグラを通販で購入する危険性

バイアグラ併用禁忌・併用注意

2016年に製薬メーカーが行った調査によると、インターネットで流通しているED治療薬の約40%(日本:35.6% / タイ:48.0%)が偽造品であることが報告されています。

また多くの個人輸入サイトがED治療薬を正規品と謳っていますが、そもそも海外製のED治療薬は日本では未承認薬のため正規品と言えるものではありません。

偽物であれば効果が期待できないばかりか、予想だにしない副作用が起きてしまい健康被害に遭う可能性もあります。
安易にバイアグラを通販で購入しようと考えている男性は、改めてそのリスクについて考え直してみてください。

オンライン診療の料金

オンライン診療は対面診療の場合とほぼ変わらない費用で利用することができます。

費用 初・再診料+お薬代+送料(クリニックによって異なる)
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、コンビニ支払い、代金引換
お薬代(目安) 1錠/600~1,500円

オンライン診療を利用した場合は、治療薬を郵送するための「送料」がかかります。
送料はクリニックによって異なりますが、多くの場合は1,000円以内です。

バイアグラの価格

バイアグラとバイアグラジェネリックの価格の目安を紹介します。

※価格相場は当サイトが独自で調べた相場となります。

種類 mg 価格相場
バイアグラ 25mg 1,326円
50mg 1,586円
【国産】バイアグラジェネリック 25mg 614円
50mg 979円
【海外製】バイアグラジェネリック 25mg 260円
50mg 762円
バイアグラODフィルム 25mg 827円
50mg 1,058円

上記以外にもクリニックのオリジナル処方薬がある場合は、価格をかなり抑えたED治療が行えます。

関連情報バイアグラ

バイアグラの価格相場を検証!50クリニックを調査してみた!

50クリニックを対象にバイアグラの価格相場を調査。バイアグラの価格ランキングや費用を抑える方法などの関連情報についても解説。

バイアグラの効果

バイアグラ効果

バイアグラは性的な刺激・興奮を受けたタイミングで男性器へ血流が流れ込みやすい状態を作ってくれます。
これにより「勃起できない」「維持できない」といったEDの症状を一時的に改善し、性行為をサポートしてくれます。

ただし、バイアグラには性欲を増やしたり、催淫させる効果はありません。
あくまでも勃起機能を助ける効果のみが認められる補助薬であり、精力剤などに取って代わるものではないので注意してください。

バイアグラの効果的な服用方法

バイアグラの副作用

バイアグラ効果

バイアグラの主な副作用は以下の通りです。

  • ほてり
  • 潮紅
  • 頭痛
  • 鼻づまり

など

人によっては動悸やめまいなどの症状を感じることがありますが、ほとんどの症状は一時的なものとなります。
効き目が切れると同時に症状も消失していきますが、長く続くような場合は医師に相談してください。

バイアグラの副作用について

その他のED治療薬との違い

ED治療薬にはバイアグラ以外にも、レビトラやシアリスといったお薬もあります。
それぞれ異なる特徴を持っており、シチュエーションに合わせて切り替えることができます。

商品名 バイアグラ シアリス レビトラ
勃起の強さ 強い マイルド 最も強い
効果時間 3~5時間 最大36時間 5~8時間
即効性 普通
(30分~1時間)
やや遅い
(1~3時間)
早い
(15~30分)

ED治療薬の特徴・比較

バイアグラの処方についてのQ&A

最後にバイアグラの処方について質問の多いものをピックアップし、Q&A形式でご紹介していきます。

保険は適応されますか?

ED治療は自由診療となるため、保険は適応されません。
そのためお薬代をはじめ、その他にかかる費用もすべて自己負担です。

オンライン診療に特別は料金はかかりますか?

オンライン診療では、お薬配送のための送料がかかります。
また支払い方法で代引きを選ぶのであれば代引き手数料が発生することもありますが、送料以外で特別な料金が発生することはありません。

オンライン診療はどうやって行うのですか?

オンライン診療は、スマホやパソコンのビデオ通話機能を使って診療を行います。
LINEで行っているクリニックもありますが、専用のアプリのダウンロードが必要な場合もあります。
クリニックによってアプリが異なるので、オンライン診療を受けるなら指定のアプリのダウンロードは忘れないようにしてください。

オンライン診療はどうやって行うのですか?

オンライン診療後にお薬の処方を希望すれば、時間帯によっては即日で配送の対応を行ってくれます。
またお薬が届くまでの日数はお住まいの地域にも左右されるので、到着までは3日~1週間を目安にしておくと良いでしょう。

精力剤とバイアグラどちらが効き目が強いですか?

精力剤は、いわゆる滋養強壮に良いとされる栄養が含まれた一般食品にあたります。
一方のバイアグラは、EDの改善効果が認められる有効成分を含んだ医薬品です。
このことから効き目の強さや有効性で比較するのであれば、医薬品にあたるバイアグラとなります。

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。