search

【基礎知識】バイアグラの効果・副作用|服用できる人とは?

バイアグラ

バイアグラはED(勃起不全)の改善を目的とした、世界初のED治療薬です。
1998年に米ファイザーから発売、翌年1999年には日本でも処方されるようになり、EDに悩む多くの男性を救ってきました。

「シルデナフィル」を有効成分とするバイアグラは、服用するだけで勃起を促すことができ、手術や補助器具を必要としません。
このページではバイアグラの効果・副作用、服用する際の注意事項などを解説しています。

バイアグラの効果

バイアグラ効果

バイアグラは海綿体への血流を促すことで、中折れや勃ちづらいといった症状を改善する効果があります。
常に勃起しているわけではなく、あくまで性的刺激や性的欲求があったときのみに勃起を促します。
また、バイアグラには媚薬などのように性的興奮や性欲を増進する作用などはありません。

バイアグラの効果的な使用方法

その他のED治療薬との違い

ED治療薬にはバイアグラ以外にも、レビトラやシアリスなどがあります。
それぞれに特徴があり、タイミングや用途によって使い分けることができます。

商品名 バイアグラ シアリス レビトラ ステンドラ ザイデナ
成分 シルデナフィルクエン酸塩 タダラフィル 塩酸バルデナフィル水和物 アバナフィル ウデナフィル
勃起の強さ 強い マイルド 最も強い 強い やや強い
即効性 普通
(30分~1時間)
やや遅い
(1~3時間)
早い
(15~30分)
早い
(15~30分)
普通
(30分~1時間)
持続時間 3~5時間 30~36時間 5~8時間 3~6時間 11~13時間
食事の影響 受けやすい 受けにくい やや受けにくい やや受けにくい 受けにくい
アルコールの影響 適度な量であれば問題ない
副作用 出やすい 出にくい 出やすい 出にくい 出にくい

シアリスについて確認する

レビトラについて確認する

ステンドラについて確認する

ザイデナについて確認する

バイアグラをオススメしたい方

バイアグラおすすめ

バイアグラをオススメしたい方は、とにかく強い勃起力がほしい方です。
「若いとき以上の硬さを維持できた」とおっしゃる方もいるほどなので、1回の性行為にしっかり向き合いたい方はバイアグラを試してみましょう。

またED治療薬をはじめて利用される方にもオススメです。
バイアグラはED治療薬の中でも歴史がもっとも長く、世界中で多くの方が利用されています。
それだけ効果を実感できている方が多く、処方実績からも高い安全性があります。
「最近勃起力に衰えを感じているので、ED治療薬を試してみたい」という方も、まずはバイアグラから試してみてください。

バイアグラの処方・購入方法

バイアグラ処方

バイアグラは、医師の診察を受けてから処方してもらう必要があるお薬です。
処方箋が必要なため、薬局やドラッグストア、国内通販などでは購入することができません。

最近ではオンライン診療という新しいサービスを取り入れているクリニックも増えており、ビデオ通話や電話で診察を受ければ自宅にバイアグラを郵送してもらうことできます。

バイアグラの処方価格については、自由診療のためクリニックによって若干差が出るものの、1錠あたり1,200〜1,500円を目安にしておくと良いでしょう。

バイアグラの服用方法

バイアグラの服用は、1日1回25〜50mgを水かぬるま湯で服用しましょう。

用量については25mgの低用量からはじめるのがベターですが、25mgで効果が十分に得られない場合は医師の判断で50mgまで用量を引き上げることができます。

また、1日1回の服用のため、次回の服用までは24時間以上の間隔をあける必要があります。

注意事項

バイアグラは医師の服薬指導を守って正しく服用すれば、比較的安全性の高いお薬です。
ただし注意事項として、以下については覚えておく必要があります。

  • 服用できない人
  • 併用注意・併用禁忌
  • 服用時に注意すること

とても重要なことになるので、1つずつ詳しく解説していきます。

服用できない人

バイアグラは、以下のような方は服用できません。

  • バイアグラの成分(添加物を含む)に対して、アレルギーの既往歴のある人
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を服用中の人
  • 重度の肝機能障害のある人
  • 低血圧の方(最大血圧90mmHg未満、または最小血圧50mmHg未満)
  • 高血圧の方(最大血圧170mmHg以上、または最小血圧100mmHg以上)
  • 脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が、最近6ヶ月以内にある人
  • 網膜色質変性症の人
  • アミオダロン塩酸塩(経口剤)を服用中の人
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤を服用中の人

上記以外にも、未成年への処方は安全性が確立されていないため推奨されていません。
またバイアグラの適応症状はあくまでもED(勃起不全)となるので、女性は使用しないようにしてください。

併用注意・併用禁忌

バイアグラには服用してはいけない人だけでなく、相性の悪いお薬にも注意が必要です。

併用禁忌薬
⇨ 硝酸剤及びNO供与剤、アミオダロン塩酸塩など

併用注意薬
⇨ α遮断剤、降圧剤など

薬の併用はバイアグラの効果・副作用に影響するため、併用する際は医師の判断が必要になります。

服用時に注意すること

バイアグラを服用する際には以下の点に注意して服用しましょう。

  • 空腹時に服用する→食後2時間は空ける
  • 服用前は脂質の多い食事を避ける→吸収されづらくなる
  • アルコールは適量に抑える→感度が鈍る、十分な効果が得られなくなる可能性

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用として現れやすいのが、以下のような症状になります。

  • ほてり
  • 目の充血
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい
  • 鼻づまり
  • 消化不良や吐き気

など

副作用の程度については個人差がありますが、いずれの症状もバイアグラの血管拡張作用にともなって現れる症状になっています。

バイアグラのジェネリック

バイアグラは国内での特許が満了しているため、さまざまなメーカーからジェネリック医薬品が発売されています。
バイアグラジェネリックはバイアグラと同じ有効成分「シルデナフィル」を同量配合しており、厚生労働省よりバイアグラと同等の効果が期待できると認められています。

代表的なバイアグラのジェネリックとしては、以下のようなものがあげられます。

  • シルデナフィルOD錠5mgⅥ「トーワ」
  • シルデナフィル錠25mg/50mgⅥ「FCI」
  • シルデナフィル錠50mgⅥ「あすか」

など

バイアグラジェネリックの効果・副作用・購入方法

よくある質問

ここからはバイアグラについてよくある質問についてご紹介します。

もし服用時に困ったことがあれば、以下を参考にしてみてください。

25mg・50mgはどちらを飲めばよい?

バイアグラの用量には、25mgと50mgがあります。
効き目の感じ方や健康状態、体質などを考慮して処方されるので、一概にどちらを飲めばよいかはお伝えができません。
ただ25mgから服用スタートし、効果や副作用の現れ方など様子を見つつ必要に応じて用量を50mgに上げるのが一般的です。
用量を上げる際は必ず医師に相談し、25mgをまとめて2錠飲むなど自己判断で服用しないようにしてください。

バイアグラは薬局で買える?

バイアグラは、医師を介さないと購入することはできません。
これは持病、腎・肝機能、年齢など全身状態を考慮してからでないと、バイアグラ服用によって重い副作用が起こる可能性があるためです。

バイアグラを飲むタイミングは?

バイアグラは、性行為の1時間前を目安に服用してください。
服用してから効きはじめるまでには30~60分と個人差があるため、直前の服用では効果が十分に発揮されない可能性があります。
また食後の服用であれば食事に含まれる脂がバイアグラの吸収を阻害するため、できるだけ空腹時に服用するのが理想的です。

バイアグラの効果的な使用方法