search

若ハゲの原因|自分で治すのは難しい?予防や改善方法を紹介

若ハゲの原因は?放置したら危険!予防や改善方法を紹介 自分は若ハゲかも・・・
何で自分だけ薄毛が進行していくの・・・

若ハゲはデリケートな問題だからこそ1人で悩みを抱え込んでしまうケースがあります。

しかし、若ハゲは恥ずかしいことではありません。

なぜなら、若ハゲには原因があり、若くして薄毛になることは珍しいことではないからです。
しかも、適切な治療を受ければ改善効果も期待できます。

そこで、ここでは若ハゲの原因や日ごろから出来る予防法、若ハゲを改善する方法などを詳しく紹介していきます。

若ハゲの原因の1つ「AGA(男性型脱毛症)」

若ハゲの原因として1番に考えられるのが進行性の脱毛症である「AGA(男性型脱毛症)」です。
20代で発症した場合、「若年性脱毛症」とも呼ばれます。
代表的な症状は、額の生え際の後退や頭頂部の薄毛で現在、日本人男性の3人に1人がAGAを発症しているといわれています。

そもそも、AGAの原因は男性ホルモンの1種「DHT(ジヒドロテストステロン)」です。
このDHTが増加することで、成長途中の髪の毛が抜け落ちてしまうことでAGAが発症・進行してしまいます。
進行性のため、適切な治療を行わないと症状が悪化してしまうため、注意しましょう。

なお、AGAは遺伝で引き継がれると考えられています。
一般的には、母方の祖父が薄毛の場合は発症率が高いといわれています。
ただし、100%遺伝するわけではないことも併せて覚えておきましょう。

【医師監修】AGA(男性型脱毛症)の原因

AGAと遺伝の関係を確認する

20代のAGA発症率

20代のAGAの発症率は「約10%」といわれています。
ここで、20代男性の10人に1人がAGAを発症していると考えてみてください。
決して若ハゲが珍しいことではないことがわかります。

ここで年代別のAGA発症率も確認しておきましょう。

  • 20代:約10%
  • 30代:約20%
  • 40代:約30%
  • 50代以降:40数%

年代が上がることに発症率は高くなりますが、年齢を問わず誰もが発症する可能性のある脱毛症と認識しておくことが大切です。

高校生(10代)でもAGAを発症する可能性もある

発症率こそ不明ですが、高校生(10代)でもAGAを発症する可能性があります。
ただし、10代の場合、成長期の影響で男性ホルモンの分泌が乱れて抜け毛が一時的に増加する可能性も否定できません。

そのため、1次的に抜け毛が増えたからといって過度の心配をしすぎないことも大切です。
どうしても不安な場合は、近くの皮膚科で相談してみると良いでしょう。

ここで、AGAが原因と考えられる症状の1例を確認しておきましょう。

こんな症状はAGAが原因の可能性が高い

若ハゲの初期症状

以下はAGAが原因で起こる代表的な症状です。

  • 抜け毛の増加
  • 髪が細くなる
  • 頭皮がうっすら見える
  • おでこの後退
  • 髪型が決まらない(セットがしにくくなる)

など

AGAの影響を受けると髪質はやわらかくなり、軟毛化(細く弱々しくなる)を起こした状態になります。
また、髪の毛がすぐ抜ける、生えてこないというような症状もあらわれるようになります。

AGA(男性型脱毛症)とは?

若ハゲの原因となるAGA以外の脱毛症

ここまでAGAについて解説してきましたが、若ハゲの原因となる脱毛症はAGA以外にもあります。
代表的な脱毛症を以下で確認してみましょう。

円形脱毛症

    円形脱毛症とは、円形や楕円形に毛髪が抜け落ちてしまう疾患です。
    明確な原因については解明されていませんが、自己免疫疾患やアトピー性皮膚炎などさまざまな説が出ていますが、精神的なストレスとの関連性も指摘されています。
    治療法は、ステロイド療法や局所免疫療法、内服薬・外用薬を用いた治療などが挙げられます。

脂漏(しろう)性脱毛症

    脂漏性皮膚炎とは、皮脂の過剰分泌が原因で雑菌が繁殖することで頭皮環境が崩れる脂漏性皮膚炎による脱毛症です。
    10代後半から20代は男性ホルモン分泌量が一生で1番多くなる時期なため、頭皮の皮脂分泌が活発になることから発症する可能性があります。
    ステロイドや抗真菌薬による治療が代表的です。

抜毛症

    抜毛症は自分自身で髪の毛を抜いてしまう精神疾患の1つです。
    ストレスが原因の1つと考えられています。

上記以外にも脱毛症はありますが、それぞれ治療法が異なります。
改善するには、症状に応じて適切な治療を行うことが大切です。

AGA(男性型脱毛症)とは?

生活習慣やストレスが原因で若ハゲになるケースもある

ここでは、脱毛症以外の若ハゲの原因を紹介していきます。

  • 生活習慣の乱れ(食事・睡眠)
  • ストレス
  • 間違ったヘアケア
  • 過度なヘアカラーやパーマ

など

生活習慣の乱れやストレスは、ホルモンバランスの崩れや血行不良を起こします。
その結果、頭皮環境が悪化し、脱毛へと繋がってしまう可能性があるため注意しなくてはいけません。
間違ったヘアケアや過度のヘアカラーやパーマにより、頭皮を傷つけてしまうことで同様に頭皮環境の悪化を招いてしまう可能性があります。

なお、AGAが発症している場合はこれらの要素がAGAを悪化させてしまう危険性があることも覚えておきましょう。

AGAと生活習慣について確認する

若ハゲの予防・対策法

若ハゲの対策
若ハゲの予防・対策法は以下の通りです。

  • 生活習慣の見直し
  • サプリメントの活用
  • ストレス発散
  • 育毛剤・育毛シャンプー
  • クリニックへ相談する

生活習慣の改善は健康な髪の成長を促すことから、若ハゲの予防に重要な役割を果たします。
栄養バランスの取れた食事質の高い睡眠を心掛けましょう。

食生活の改善が難しい場合は、足りない栄養素をサプリメントで補うのも効果的です。
とくに、アミノ酸ビタミン亜鉛といった髪の成長に欠かせない栄養素を取り入れることで健康な髪の成長が期待できます。

ストレスはAGAの悪化の原因となる可能性やその他の脱毛症を起こす原因となる可能性があります。
そのため、好きなことに没頭する、運動するといった自分に合った方法でストレスを発散することが大切です。

育毛剤・育毛シャンプーは発毛効果はありませんが、頭皮環境を正常に保つ効果が期待できます。

ただし、どの予防法が自分に適しているのかわからないという方も多いことでしょう。
そこでおすすめしたいのが、AGAクリニックへの相談です。
頭皮の状態を診察してもらうことで、あなたに合った予防法を提案してもらえます。

若ハゲを改善する方法は?

若ハゲを改善する方法は?
若ハゲを改善する方法は、原因に対して適切な治療を行うことです。

若ハゲは、AGAやAGA以外の脱毛症、生活習慣やストレスなどさまざまな原因によって起こります。
その原因を自分で特定するのは困難です。
そこで、AGAや脱毛治療を行うクリニックで診察をして、適切な治療法を提案してもらうことが何よりも重要になります。

なお、AGAの場合、初期段階で治療を行うことで満足な改善効果が期待できます。
現在は、AGAに有効なプロペシアやザガーロ、ミノキシジルといった治療薬があるため、気になる症状を感じた場合は早めに治療を行うようにしましょう。

AGA治療を受けられるのは20歳からって本当?

AGA治療が20歳からなのは本当です。
というのも、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルといったAGA治療薬は20歳未満での安全性が証明されていません。
そのため、多くのクリニックが20歳以上からという制限を設けています。

ただし、20歳未満だからといって諦める必要はありません。
18歳から診察可能というクリニックもありますし、親の同意書があれば診察を行うクリニックもあります。
脱毛の原因の特定や改善法のアドバイスを受けることも可能なため、脱毛で悩んでいる場合は診察可能なクリニックへ相談しましょう。
ただし、副作用があることからAGA治療薬の処方は行わない可能性があることは理解しておいてください。

若ハゲを自分で治すのは難しい

若ハゲを自分で治すのは難しい ここまで若ハゲの原因や予防・対策法、改善法を紹介してきました。

    このページをまとめると

  • 若ハゲの原因はAGAやその他の脱毛症の可能性がある
  • 生活習慣の乱れやストレスが原因で若ハゲになる可能性がある
  • 予防するには生活習慣の改善やストレス発散などが効果的
  • 改善する1番の方法はクリニックへの相談
  • 20歳未満でも診察可能なクリニックがある

繰り返しとなりますが、若ハゲを改善するには原因の特定をした上で、症状に応じた治療を行う必要があります。
そのため、自分で治すのは困難です。
さらに、自己判断で誤った治療を行えば症状が悪化する可能性も否定できません。
だからといって放置をしてしまうと悪化してしまう可能性もあります。
安全に若ハゲを改善するためにも専門のクリニックへ相談しましょう。

もし、現在クリニック探しで悩んでいる場合は以下のページを確認してみてください。
オンライン診療NAVIが厳選したおすすめのAGAクリニックを紹介しています。

関連記事【厳選】おすすめのAGAクリニック10選!AGA治療で失敗しないための方法は?

【厳選】おすすめのAGAクリニック10選!AGA治療で失敗しないための方法は?

AGA治療で失敗したくない方必見!ここでは、AGAクリニックを選ぶポイントやAGA治療で失敗しないための方法、おすすめのクリニックを厳選して紹介しています。

参考サイト一覧

以下はこのページを作成するにあたり、参考にしたサイトです。

この記事を書いた人

オンライン編集部:タツ
オンライン編集部:タツ
31歳の時から薄毛になり、薄毛治療を始めてもうすぐ5年が経過するオンライン診療NAVI編集部のタツです。 これまで試してきた薄毛治療や薄毛の知識を発信するために、現在薄毛専門のライターとして執筆中! 市販の育毛剤やクリニックでもらう治療薬の違いなど、薄毛治療初心者にも分かりやすいように解説しています。 同じ悩みを持つ方々の力になれるよう有益な情報を伝えていければと思います!