search

コンドームEDってなに?原因や対処方法について解説

「コンドームを装着したことで中折れしてしまった」

「コンドームを装着したことで射精できなかった」

このように、コンドームがなければ問題ないのに、装着することで気まずい経験をすることになってしまった方もいるのではないでしょうか?

人それぞれ理由は様々ですが、ここではそれらの原因と対処法について詳しく解説していきます。

コンドームEDとは

コンドームが原因でEDを発症してしまう状態がコンドームEDです。

具体的にはコンドームを、装着または装着しようとしただけで、陰茎が萎えてしまったり射精ができなくなる症状のことをいいます。

コンドームEDの原因

結論からいうと、コンドームEDは「心因性ED」に分類されます。

コンドームに対しての過去の性体験や反対に経験の少なさが引き金となり、過度に緊張やプレッシャーを感じることで引き起こされるのが原因です。

心因性EDとは

トラウマやプレッシャーから過剰に精神的なストレスを感じてしまい、神経に性的興奮が伝達されにくくなることで引き起こされるのが心因性EDです。

体の機能には問題がなくても心理的な要因が理由で発症するため、うつ病や統合失調症のような精神疾患からも心因性EDに繋がります。

仕事のストレスや人間関係のストレスでも心因性EDになる場合があるため、日常の生活の中でも注意することを心掛けましょう。

心因性EDについて詳しくはこちら

コンドームEDの対処方法

このEDは過度に緊張していたり、コンドーム装着のタイミングで萎えてしまうことが原因です。

対処方法としては下記の手段が考えられます。

  • 「緊張してしまう人はリラックスを意識する」
  • 「装着で萎えてしまう人は女性に付けてもらう」
  • 「薬の力を借りて勃起し成功体験を繰り返す」

それぞれ詳しく解説していきます。

リラックスしてみる

過去のトラウマやプレッシャーによって萎えてしまっているのであれば、一度リラックスしてみましょう。

慣れていないからといって上手く付けられなくても慌てず、まずはコンドームに慣れる努力をしてみてください。

早く装着しなければという焦りや過去の失敗を克服することから始めてみましょう。

また、パートナーに相談して理解を得ることでリラックスし、トラウマやプレッシャーが克服できて改善する可能性もあります。

女性がコンドームを付けてあげる

男性が自らコンドームを付けず、女性が付けてあげることで解決できる場合があります。

男性は自分でコンドームを装着するとき、物理的にも精神的にも性行為が途切れたと感じていませんか?

コンドームを女性が付けてあげることで、男性は装着時も陰茎を触られているため、性行為が途切れたと感じずにいられます。

コンドームを付けることも性行為の一部だと捉えることができれば、装着の際に中折れすることも改善されるでしょう。

ED治療薬で勃起をサポート

ED治療薬を利用することで勃起を強く促し、コンドーム装着で萎えてしまうことを防げます。

コンドームの装着で陰茎の感度が落ちてしまっても、性行為中の中折れなども改善されるでしょう。

薬の力を利用して性行為を繰り返し、成功の体験を積み重ねることでネガティブな記憶を克服していくことができます。

注意点として、ED治療薬は強制的に陰茎を勃起させる薬ではなく、あくまで勃起をサポートする薬であるということです。

そのため服用すれば勃起するのではなく、服用してから性的興奮を感じる必要があります。

ED治療薬の購入方法

ED治療薬は薬局や薬店では市販されていません。

医師の診察を受けて院内処方されるか、医師の作成した処方箋がなければ購入することのできない、処方箋医薬品だからです。

そのためED治療薬を入手するには、クリニックへ来院して処方してもらうか、オンライン診療で処方してもらう必要があります。

ED治療薬は泌尿器科をはじめ、医療機関によりED・性機能・男性更年期などの専門外来でも、診察を受ければ処方してもらうことが可能です。

クリニックへ行くことに抵抗がある方は、オンライン診療によるED治療薬の処方はどうでしょうか? スマホがあれば、部屋の中で診察を受けED治療薬を自宅まで郵送してもらえます。

ED治療薬の取り扱いクリニック一覧はこちら

コンドームEDは二人で解決しよう

コンドームEDは男性の思い込みによる影響ともいえます。

過去の体験から、考えすぎて必要以上にナーバスになっていませんでしたか?

医師の診察を受けてみたり、女性に素直に相談してみることで解決の糸口が見つかるはずです。

コンドームEDは決して一人だけの問題ではありません。

二人で寄り添って解決していきましょう。

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。