search

ED治療薬について知ろう!ED治療薬の基礎知識

ED治療薬について知ろう!ED治療薬の基礎知識 このページではED治療の効果や副作用、飲み方のルールなど、服用する上で知っておきたい基本的な情報をまとめています。
EDに悩んでいる男性は、まずはED治療薬がどんなお薬なのか参考にしてみてください。

ED治療薬の効果

ED治療薬の効果 ED治療薬は性的興奮や刺激を感じた時に、ペニスへの血流を促す効果があります。
この効果はEDの原因である器質性(病気など)や心因性(精神的なトラブル)にも効果が認められ、重症化したケースであっても一定の効果が期待できるとされています。

EDはPDE5と呼ばれる酵素の働きが強くなってしまい、血管を拡げるcGMPの働きを阻害するために起こります。

  • PDE5
  • 射精後や日常生活中で勃起しないようコントロールしている酵素

  • cGMP
  • ペニス内を血液で満たすための血管拡張物質

そのためED治療薬によってPDE5の働きをブロックしcGMPの働きを活発にし、勃起やその維持ができるようサポートしてくれます。

ED治療薬の種類

ED治療薬の種類 ED治療薬といっても、その種類はいくつかあります。

国内処方

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

海外処方

  • ステンドラ
  • ザイデナ

国内外を含めると5種類あり、いずれも効果こそ同じではあるものの、特徴やED治療薬それぞれとの相性には個人差があります。
そのため1つずつ試し、ご自身にあったものでED治療を続けていくのが望ましいと言えるでしょう。

ED治療薬の効果や種類についてはコチラ

ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用は、血流が良くなることで起こる症状が主となっています。

  • ほてりや潮紅
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 動悸
  • めまい

など

お酒を飲んだ時と症状が似ており、こうした症状はED治療薬が効いてきたサインでもあります。
好ましい症状とは言えませんが、副作用について正しい理解をもっているとED治療薬と付き合っていきやすくなるはずです。

また人によっては悪心(吐き気や嘔吐)を感じることもあり、その日の体調によっても左右されることは覚えておきましょう。

ED治療薬の副作用についてはコチラ

ED治療薬の飲み方

ED治療薬の飲み方 ED治療薬の飲み方はコップ1杯(200ml)の水またはぬるま湯で、

    1回1錠を性行為の約1時間前を目安に服用

1日に服用できるのは1錠までとなるので、次に服用できるのは前回の服用から24時間以上の間をあけてからになります。
また1錠あたりの用量についてはED治療薬ごとで異なるので、医師の服薬指導のとおりに服用してください。

他にもED治療薬は、服用前に食事をしてしまうと効果を弱める原因につながります。
特に脂っこいものは身体への吸収を妨げるだけに、基本的には空腹時の服用を心がけるようにしましょう。
もしタイミングが合わず食事をしてしまった際には、2?3時間ほど空けてから服用すると効果に影響しにくいとされています。

ED治療薬と一緒に飲めない薬(併用禁忌薬)

ED治療薬と一緒に飲めない薬(併用禁忌薬) ED治療薬といっしょに飲めない、いわゆる併用禁忌薬に指定されているお薬がいくつかあります。
治療のために服用しているお薬があれば、服用できないこともあるので覚えておきましょう。

  • 狭心症の治療薬
  • 硝酸剤やNO供与剤

    ※硝酸剤については飲み薬だけでなく、貼り薬、スプレー、舌下錠、吸入薬、塗り薬、注射など多岐に渡ります。

  • 不整脈の治療薬
  • アミオダロン塩酸塩(経口剤)

  • 肺高血圧症の治療薬
  • リオシグアト

これらはED治療薬と併用してしまうと心筋梗塞などの心血管系の重い副作用を起こすことがあり、死亡例もあるので絶対に併用はしないようにしてください。

またED治療薬の種類によっては他にも併用禁忌薬があるので、服用中のお薬があれば必ず医師にその旨を伝えるようにしましょう。

ED治療薬の飲み方や併用禁忌薬についてはコチラ

ED治療薬の購入方法と相場

ED治療薬の購入方法と相場 ED治療薬は医療用医薬品となるため、購入方法は医師からの処方のみです。
また基本的にED治療薬は自費診療の扱いなので、保険適用のお薬にくらべると治療費が高い傾向にあります。

    バイアグラ50mg

  • 国産先発薬:1,240~2,500円
  • 国産ジェネリック:650~1,300円
  • 海外ジェネリック:700~1,440円

バイアグラの価格を見る

    レビトラ20mg

  • 国産ジェネリック:1,100~2,750円
  • 海外ジェネリック:1,200~1,440円

レビトラの先発薬は製造が終了している為ジェネリックのみ記載しています

レビトラの価格を見る

    シアリス20mg

  • 国産先発薬:1,290~3,000円
  • 国産ジェネリック:900~2,200円
  • 海外ジェネリック:1,200~1,350円

シアリスの価格を見る

例外的に2022年4月より「男性不妊」と診断されれば保険適用されますが、一定の条件を満たす必要があり、保険で処方する医療機関側にも条件があるのでハードルが高いと考えてください。

最近では海外通販(海外通販)を行う業者やSNSを通じて、海外製の安いED治療薬を購入している人も見受けられます。
しかし健康状態がわからないままのED治療薬服用は非常に危険なので、メリット以上にデメリットが強い購入方法であることは忘れないでください。

ED治療薬の処方はクリニックで

ED治療薬の処方はクリニックで ED治療薬を購入する際はクリニックや医師から処方してもらいましょう。
個人輸入での購入は様々な危険がある為、オススメすることができません。

当サイトでは安心してED治療薬を購入できるクリニックを紹介しています。
またクリニックに行くことが難しい方でもオンライン診療を利用することで自宅でも診察してもらうことができます。

EDクリニックの紹介はコチラ

関連記事
レビトラ

2022年レビトラ販売中止について

レビトラ錠を製造・販売するバイエル社から2021年11月に販売中止のアナウンスがありました。
在庫限りでの販売を中止するとして、2022年3月をもってすべての供給が終了しました。

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。