search

レビトラの購入方法や注意点について

レビトラ購入

レビトラは医師の処方箋が必要や薬のため、購入方法に制限があります。
インターネットやSNSで販売を促す業者もちらほら見受けられますが、結論からお伝えすると非常に危険な購入方法です。
レビトラが医薬品である以上、メリットだけではなくデメリットもあることも忘れてはいけません。
このページでは、レビトラの購入方法や注意点について詳しく解説していきます。

レビトラの効果について解説!

レビトラの購入方法と価格

レビトラの購入方法・価格

レビトラの購入方法と価格については以下の通りです。

通院処方 オンライン処方 海外通販
価格(1錠) 1,500~2,000円 1,500~2,000円 1,300~1,500円
安全性 高(処方薬) 高(処方薬) 低(未承認薬)
届くまで その場で処方 最短翌日 2~3週間

通院処方・オンライン処方は医師の診察を介して購入する方法になるため高い安全性がありますが、海外通販と価格差はほとんどありません。

関連情報レビトラの価格相場を検証!50クリニックを調査してみた!

レビトラの価格相場を検証!50クリニックを調査してみた!

50クリニックを対象にレビトラの価格相場を調査。レビトラの価格ランキングや価格を抑える方法などの関連情報についても解説。

通院処方

通院処方であれば即日処方してもらえることや医師に直接相談できることもあり安心感がありますが、通院コストや時間などが最もかかってしまいます。

<メリット>

  • 希望すればその場で処方してもらえる
  • 医師による処方なので安心してED治療に専念できる
  • もし副作用が起きても医師の適切な対応が期待できる
  • 健康状態からベストな治療を提案してもらえる

<デメリット>

  • お薬代以外にも初診料や再診料がかかる
  • 通院コストがかかる
  • 知り合いなどに見られる・会う可能性がある
  • 待機時間が長い場合がある

オンライン処方

オンライン処方とは、ビデオ通話を使った新しい診療サービスになります。
オンライン処方は全てが自宅で完結でき、なおかつ医師に診察をしてもらえる安全性の高い購入方法です。

<メリット>

  • スマホがあればオンライン診療が可能(PCでも可能)
  • 自宅で診察が受けられる
  • 処方を希望すれば自宅に郵送してもらえる
  • 通院コストがゼロ
  • 全国どこでも希望のクリニックを受診できる
  • オンライン上での診察なので、他人と接触することがない

<デメリット>

  • 治療薬が郵送のため届くまでに3日~1週間ほどかかる
  • 専用のアプリのダウンロードが必要な場合がある
  • オンライン診療に対応していないクリニックもある

海外通販

海外通販はオンライン処方と同様に通院などの手間はありませんが、医師の診察がなく、日本では未承認の医薬品のため、安全な保障がありません。
また、海外通販には悪徳業者も存在しているため、偽物や粗悪品なども多く流通しています。

<メリット>

  • 価格が安い
  • 医師の診察が不要

<デメリット>

  • 偽物・粗悪品が届く可能性がある
  • 重い副作用が起きても公的制度による給付が受けられない
  • 支払いを済ませても商品が到着しないこともある
  • 輸送上のトラブルもある(通関で止まるなど)
  • 到着までに数週間(14〜30日)かかる

レビトラは市販で購入することが出来ない

レビトラ市販

レビトラは医師の処方箋が必要になるお薬です。
そのため、薬局やドラッグストアでは購入できません。
Amazonや楽天、Yahooといった国内の通販サイトで購入もできないので、レビトラを購入する場合はEDクリニックや泌尿器科を受診して処方してもらいましょう。

レビトラの類似品に注意

通販サイトには、レビトラをイメージさせるような類似品も出回っています。
おそらく精力剤や催淫剤といったサプリメントの類の物ですが、それらを使用したからといってEDが改善できるかは保証されていません。

あくまでもED(勃起不全)の改善が認められた薬は、レビトラ・バイアグラ・シアリスなどのED治療薬となっています。

レビトラの製造中止

2021年10月レビトラを製造するバイエルより、「レビトラ5mg・10mg・20mg」の製造中止の決定が発表されました。
最後の出荷予定時期は2022年3月となり、国内にある在庫がなくなり次第、レビトラの処方が終了になります。

レビトラユーザーにとっては頭を悩ませる事態ですが、レビトラにはジェネリック医薬品もあるので、レビトラが処方してもらえなくなった場合はレビトラジェネリックを処方してもらうといいでしょう。

レビトラのジェネリック

レビトラジェネリック

レビトラは国内での特許満了にともなって、2020年から同一成分を同量配合しているジェネリックが2つの国産メーカーから登場しています。
いずれも成分はバルデナフィルになり、厚生労働省からもレビトラと同等の効果が得られると認められています。

製薬会社 製品名
沢井製薬 バルデナフィル錠10mg「サワイ」
バルデナフィル錠20mg「サワイ」
東和薬品 バルデナフィル錠10mg「トーワ」
バルデナフィル錠20mg「トーワ」

レビトラの効果

レビトラ

レビトラは性的な興奮や外部から刺激を感じることをきっかけに、男性器に血流が集まりやすい状態にする作用があります。
男性器に血液を強制的に流入することで、勃起できない、中折れするといった症状の改善が期待できます。
また、服用後は常に勃起状態となることはありません。

関連情報レビトラの効果について解説!効果的な使い方や効果を実感できない場合

レビトラの効果について解説!効果的な使い方や効果を実感できない場合

レビトラは勃起をサポートする薬です。ED治療薬の中でも即効性に優れており、服用から最短15分ほどで効果が発揮され、5~10時間の間効果が持続します。このページではレビトラの効果や効果的に使用する方法などを解説しています。

レビトラの副作用

レビトラ副作用

レビトラの副作用として、次のような症状が現れやすいです。

  • ほてり
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 動悸
  • 消化不良
  • めまい

など

多くの場合は、薬の効果が切れると副作用も治まります。

関連情報レビトラの副作用について徹底解説!安全に利用するために

レビトラの副作用について徹底解説!安全に利用するために

レビトラのは間違った方法で利用してしまうと副作用のリスクが高まってしまいます。このページではレビトラの副作用について、また副作用を予防するための方法について解説しています。

レビトラの飲み方

レビトラ飲み方

レビトラの飲み方は、次のようになっています。

1日1回10mgを服用
服用後15~30分ほどで効果が出始めますが、念のため性行為の1時間前に服用しておくと安心です。

また、10mgでは満足な効果が得られなかった場合、最大用量を20mgに変更することができます。
ただし、用量を変更する場合は、医師の判断のもとで行うようにしてください。

また1日1回までの服用となるので、1回目の服用から次回服用までは24時間以上空けてから服用してください。

関連情報レビトラの正しい飲み方や注意点について

レビトラの正しい飲み方や注意点について

レビトラは安全な薬ですが飲み方を間違ってしまうと副作用のリスクが高まってしまったり、効果を実感しにくくなってしまう事があります。このページではレビトラの正しい飲み方や飲む際の注意点などについて解説いしています。

レビトラの併用禁忌

レビトラ併用禁忌

レビトラには飲み合わせてはいけないお薬があります。
併用してしまうと副作用が強く出てしまったり、最悪の場合死亡例のある薬剤もあるのでレビトラを服用する際には必ず確認してください。

【レビトラの併用禁忌薬】

  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド

など

併用禁忌薬の詳しい内容は下記ページで詳しく解説していますので、常用薬がある方は確認するようにしてください。

レビトラの併用注意

レビトラの併用注意は、飲み合わせに注意が必要なお薬です。

【レビトラの併用注意薬】

  • CYP3A4を阻害する薬剤
  • マクロライド系抗生物質
  • マクロライド系抗生物質

など

併用注意についても詳しく解説していますので、下記ページを参考にしてみてください。

関連情報レビトラの併用禁忌・併用注意一覧

レビトラの併用禁忌・併用注意一覧

男性の下半身の悩みであるEDを改善できるお薬として処方されるレビトラですが、常備薬などがある場合には服用に注意する必要があります。併用してはいけない、あるいは注意しながら併用しなければならないお薬があり、知らずに服用すればさまざまなリスクが想定されます。

レビトラの購入はクリニックで

レビトラの購入

レビトラはED治療薬の中でも人気が高く、偽物や粗悪品を流通させる悪質業者の恰好の的となっています。

安さが魅力的でついつい手を出したくなる気持ちも分からなくはありませんが、安全にレビトラを服用したいのであれば医師の診断のもと処方してもらいましょう。

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。