search

レビトラジェネリックは通販よりも早くて安心なオンライン処方おすすめ!

レビトラ・ジェネリックは通販よりもオンライン処方!

このページでは、レビトラやそのジェネリックの購入が通販よりもオンライン処方がおすすめな理由について解説しています。
通販で購入している、あるいは迷っている人も、あらためて購入方法を検討する機会となればと思います。

目次

  1. レビトラとジェネリックの購入方法
  2. 偽物に注意!レビトラは市場からなくなっている
  3. 購入する前にレビトラ(バルデナフィル)との相性を確認
  4. オンライン診療NAVIオススメのEDクリニック
  5. オンライン診療NAVIなら全国のED治療クリニックを探せる

レビトラとジェネリックの購入方法

レビトラの購入方法

レビトラとジェネリックについての購入方法ですが、

  • クリニック処方
  • 通販(個人輸入)

今のところ、この2つの方法のみとなります。

それぞれの違いは、”医師”から購入するのか、”代行業者”から購入するのかですが、誰から購入するのかは医薬品である以上とても重要なポイントになってきます。
まずは購入方法を比較した表をもとに、どちらの購入方法がおすすめか見ていきましょう。

オンライン診療なら早くて安全!

処方 個人輸入
届くまで 1~3日程度 1~2週間
安全性
所要時間 診察の手間がある
(5~10分)
通販と同じ
約5分程度

表からもわかるようにオンライン診療は通院と通販の良いとこどりの診療サービスになり、医師の管理のもとで服用できる上に数日ほどで手元に届きます。

またオンライン診療はご自身が落ち着く環境であれば、全国どこにいてもスマホ1台で診察が受けられます。
そのため次のような人にもおすすめです。

  • 近所にレビトラやジェネリックを処方してくれるクリニックがない
  • クリニックに直接受診するのは抵抗がある
  • 休憩時間などの空き時間でさくっと済ませたい

など

ED治療はスタートラインのハードルが高いと避けていた人も、オンライン診療なら気軽に相談できるはずです。

関連情報レビトラの価格相場を検証!50クリニックを調査してみた!

レビトラの価格相場を検証!50クリニックを調査してみた!

50クリニックを対象にレビトラの価格相場を調査。レビトラの価格ランキングや価格を抑える方法などの関連情報についても解説。

偽物に注意!レビトラは市場からなくなっている

レビトラの本物と偽物
レビトラを製造販売していたバイエル薬品は、今後安定供給できないことを理由に2022年3月をもって販売中止を決定しています。
そのため全国どこの医療機関でも、在庫限りで処方は終了となります。

当サイトに掲載させていただいているクリニックも、少しずつ処方終了のアナウンスが流れはじめています。
レビトラユーザーからはおしまれながらも市場から姿を消していくので、今後偽物には十分注意してください。

レビトラのように人気の高い商品が「手に入らない・手に入りにくい」といった状況では偽物を扱う業者が活性化します。
こういった場合は、本物か偽物の判別が難しくなります。

  • 商品ページの写真は本物
  • 問い合わせしても本当の事は教えてくれない
  • 見た目が精工に作られている

など

上記の理由から、いざ手元に商品が届いても個人では本物か偽物が出来ません。
偽物の被害を避けるためにも、個人輸入での購入は避けるようにしましょう。

バルデナフィル錠は市場にある

あくまでも市場から姿を消すのは、バイエル薬品のレビトラのみです。
国内メーカー2社が製造販売するレビトラジェネリックは、今後も処方が継続されます。

  • バルデナフィル錠10mg/20mg「サワイ」
  • バルデナフィル錠10mg/20mg「トーワ」
バルデナフィル錠10mg/20mg「サワイ」
バルデナフィル錠サワイ
バルデナフィル錠10mg/20mg「トーワ」
バルデナフィル錠トーワ

いずれもレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを配合しているため、効果や特徴である即効性や効き目の持続時間についても変わらずです。

レビトラを取り扱うクリニックでもジェネリックへの移行を求めているので、レビトラを使いたい人はジェネリックの処方を希望してみてください。

レビトラジェネリックを安く購入したい場合は海外製を扱っているクリニックがオススメ

最近では海外の製造メーカーと契約を結んで、低価格なオリジナルED治療薬を処方しているクリニックも増えつつあります。
もちろん成分や品質については医師によるチェックが入っているため、安全面や品質についてもクリニック保証です。

国産のジェネリックよりも低価格で処方してもらうことができ、

    クリニック処方:500~1800円 海外ジェネリック含む
    海外通販:300~1450円

安さが最大のメリットであった通販との価格差は、ほぼなくなってきています。
もし価格の面からリスクの高い通販を選んでいたのであれば、これを機にクリニックオリジナルのレビトラジェネリックに切り替えてみると良いでしょう。

Amazonや楽天で売られているのはレビトラに似せた商品

レビトラックス
Amazonや楽天といったネットショッピングサイトでは、レビトラに似せた商品がいくつか見受けられます。
ただいずれも精力剤やサプリメントといったものになり、効果が認められている医薬品ではありません。
あくまでも滋養強壮が期待できる程度のものと考え、レビトラの代替え品としてED治療に役立てられるものではないことは覚えておきましょう。

また市販のサプリメントはメーカーによっては、規定時間に溶けないものや、溶けない製品があることが国民生活センターの調べでわかっています。
品質に疑問が残る製品もあるだけに、安易な購入は控えるようにしてください。

レビトラジェネリックを購入するならクリニック

通販には”手軽さ”や”価格の安さ”といったメリットこそあるものの、それを超えるデメリットがいくつもあります。

  • 偽物
  • 有効成分が含まれていない、あるいはまったく別の成分が含まれていることも

  • 健康被害
  • 身体に合わず、体調の急変や死亡例もあり

  • 詐欺
  • お金を払ったものの、いつまで経っても商品が届かない

など

通販を利用する限り、こうしたリスクとは常に隣合わせであることを忘れてはいけません。
レビトラジェネリックを購入するなら、クリニックに受診して処方してもらうようにしましょう。

購入する前にレビトラ(バルデナフィル)との相性を確認

ED治療薬との相性を確認するために、レビトラ(バルデナフィル)とその他のED治療薬を比較した表をまずは確認していきましょう。

レビトラ バイアグラ シアリス
勃起の強さ 最も強い 強い マイルド
即効性 15~30分 30~60分 60分以上
持続時間 5~10時間 3~5時間 30~36時間
副作用 出やすい 出やすい 出にくい
食事の影響 受けにくい 受けやすい 最も受けにくい

ED改善の効果についてはいずれも変わらないため、特徴から希望のものを選んで処方してもらうことができます。

レビトラ(バルデナフィル)の特徴だけをまとめておくと、

  • 力強い勃起
  • 即効性
  • 一晩であれば十分な効き目持続時間

他のED治療薬にくらべても全体的なバランスが取れており、はじめて服用する人でも扱いやすくなっています。
しかも急な時でもすぐに効いてくれるので、1錠もっておくと安心できるでしょう。

レビトラの副作用や飲み方について確認

レビトラの副作用ですが、起こりやすいものとしては次の症状があげられます。

  • ほてり
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 吐き気

など

これらの症状は血管拡張作用に伴った症状となり、好ましくない症状ではありますが、”ほてり”については身体が勃起できる準備が整ったというサインと捉えることもできます。
多くの人に見られる症状なだけに、うまく付き合っていくようにしましょう。

また飲み方についてですが、

  • 1日1回1錠
  • 性行為の約1時間前

用量については1回10mgで効果を確認し、もし不十分だと感じれば20mgまで増量するのが一般的な飲み方になっています。
ただし用量の変更については年齢や体質、健康状態などが影響することもあるので、その都度医師の判断してもらうようにしてください。

こんな人はレビトラを使えない

レビトラは特定の薬を服用中の場合、使用することができません。

  • 心臓の負担を軽くするお薬
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル)

など

これらは種類が多く、飲み薬だけでなく、貼り薬、舌下錠、吸入薬、注射剤、塗り薬、スプレーなど多岐にわたります。

また次の薬もレビトラとの飲み合わせが悪いため、併用できません。

  • 抗ウィルス薬(HIV治療薬)
  • 抗真菌薬(内服:水虫やカビを原因とした感染症の薬)
  • 抗不整脈薬
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬

など

もしこれらのお薬を併用してしまうと、心血管系の重い副作用が認められています。
服用中のお薬があれば、必ず医師に申し出てください。

また次のような健康状態に問題が認められる人も、レビトラの服用はできません。

  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を処方されている人
  • レビトラ錠に過敏症(アレルギー)を起こした経験がある人
  • 心血系の障害により、医師から性行為が不適当と診断された人
  • 先天的な不整脈(QT延長症候群)のある人や、抗不整脈薬を使用中の人
  • 最近6ヶ月以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血を起こした人
  • 重い肝障害がある人
  • 血液透析が必要な腎障害がある人
  • 低血圧(最大血圧が90mmHg以下)の人
  • 治療により管理されていない高血圧(最大血圧が170mmHgまたは最小血圧が100mmHg以下)の人
  • 不安定狭心症の人
  • 抗ウィルス薬(HIV治療薬)や抗真菌薬を服用中の人
  • 網膜色素変性症の人
  • 女性
  • 未成年(既婚者を除く)

など

レビトラの併用禁忌・併用注意についてはコチラ

オンライン診療NAVIオススメのEDクリニック

最後にオンライン診療NAVIでも掲載している、オススメのEDクリニックについてご紹介させていただきます。
どこに受診するか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

イースト駅前クリニックイースト駅前クリニックのロゴ

ED治療の実績が豊富なイースト駅前クリニック

全国の主要駅から徒歩3分圏内と好立地に院を構えているのが、イースト駅前クリニックです。
開院から延べ200万件以上の治療実績を誇り、ED治療が気軽に行える身近な存在としてコンプレックスを持つ男性の強い味方となってくれます。
また土日・祝日を予約不要にするなど、なにかと忙しい男性でも通いやすい環境が整えられているのも嬉しいポイントです。

  • 首都圏・関東エリア(12院)
  • 20mg:1,600円 / 錠
    10mg:1,500円 / 錠

  • その他のエリア(16院)
  • 20mg:1,800円 / 錠
    10mg:1,700円 / 錠

エリアによって処方価格に差があるので、詳しくは希望の院にお問合せください。

フィットクリニックフィットクリニックのロゴ

おまけがついてお得なフィットクリニック

フィットクリニックは、オンライン診療に力を入れているEDクリニックです。
オリジナルのレビトラジェネリックの処方も行っており、処方価格の安さで考えるなら外せないクリニックと言えるでしょう。

  • レビトラ
  • 20mg:1,640円 / 錠

  • レビトラジェネリック(フィットクリニックオリジナル)
  • 20mg:1,200円 / 錠
    10mg:900円 / 錠

フィットクリニックでは、20錠処方でプラス10錠のおまけがついてくるサービスも実施中です。
患者さんの負担を最小限に抑える取り組みは好評を呼んでおり、人気急上昇中のクリニックの1つとして注目しておきたいところです。

オンライン診療NAVIなら全国のED治療クリニックを探せる

オンライン診療NAVIを使えば、全国のED治療クリニックを簡単に見つけられます。
人気どころのクリニックはもちろん、ご自宅近辺や通勤途中といったローカルエリアからも検索できるなどクリニック選びをサポートします。

またオンライン診療だけでなく、直接受診できるクリニックもご紹介していますので、どこに受診するか迷っている人もぜひ利用してみてください。

レビトラを扱っているクリニック一覧はコチラ

参考サイト一覧

以下はこのページを作成するにあたり、参考にしたサイトです。

参考

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。