search

レビトラの効果について解説!効果的な使い方や効果を実感できない場合

レビトラ

ED治療薬の中でも、即効性と食事の影響の受けにくさから人気となっているレビトラ。
このページでは主にレビトラの効果について詳しく解説していきながら、効果的な使い方についても触れていきます。

レビトラの効果

レビトラ効果

レビトラは、男性器に血液を集めることで「中折れ」や「勃起しづらい」などの症状を改善する効果があります。
EDの男性はPDE5と呼ばれる酵素の働きが活発であり、cGMPを壊してしまうために男性器に血液が集まりにくい状態になっています。

cGMP
⇨ 平滑筋を弛め、血管を拡張する物質

PDE5
⇨ cGMPを分解する海綿体に多く存在する酵素

そこでレビトラがPDE5を阻害することによって、性的興奮・刺激を受けた時に勃起しやすい環境をサポートしてくれます。

レビトラの効果的な使用方法

レビトラ効果的な使用方法

ここからレビトラの使用方法について、詳しく解説していきます。

レビトラの効果的な使用方法

レビトラは決められた正しい飲み方を守って服用するのが効果的かつ安全です。
レビトラの正しい飲み方は、次のようになっています。

1日1回1錠(10〜20mg)を服用

ちなみにレビトラは即効性を特徴とするED治療薬ですが、服用のタイミングとしては性行為の1時間前を目安にするのがベターです。

用量についても20mgが上限となり、それ以上を服用しても期待した効果は得られないので服用しないようにしましょう。
必要位以上に服用すると副作用を強めるおそれがあります。

また、前回の服用から次回の服用までは24時間以上空けてください
副作用リスクを高めないために考慮されているので、服用間隔を守って使用しましょう。

関連情報レビトラの正しい飲み方や注意点について

レビトラの正しい飲み方や注意点について

レビトラは安全な薬ですが飲み方を間違ってしまうと副作用のリスクが高まってしまったり、効果を実感しにくくなってしまう事があります。このページではレビトラの正しい飲み方や飲む際の注意点などについて解説いしています。

空腹時に飲む

レビトラを服用する時はなるべく空腹時に服用してください。
レビトラは食事の影響を受けにくいとはされていますが、食後すぐの服用は空腹時に比べて吸収が悪くなり効きが悪くなってしまいます
そのため、服用前に成分の吸収を悪くする脂っこい食事を控えるのはもちろん、食事をした後に服用する場合はしばらく時間を空けてから服用するようにしましょう。

レビトラのジェネリックも同じ効果がある

2020年7月より厚生労働省から承認されたレビトラジェネリックの国内でも販売されています。
レビトラジェネリックはレビトラと同一の有効成分バルデナフィルを同量配合しているため、レビトラと変わらないED改善効果が期待できます。

また残念なことに、レビトラは2022年に販売を中止することを発表しています。
そのため、レビトラを現在使用している方は、今後レビトラジェネリックの使用がオススメです。

レビトラの持続時間

レビトラ持続時間

レビトラの持続時間は用量によって異なります。

<10mg>

  • 持続時間:5〜8時間
  • 服用から効き目がピークになる時間:3時間

<20mg>

  • 持続時間:8〜10時間
  • 服用から効き目がピークになる時間:約4時間

レビトラの効果が発現するまでの時間

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、水に溶けやすい性質を持っています。
そのため服用から吸収が早く、ED治療薬の中でも素早い効き目が期待できます。

早い方:15〜20分
一般的な方:服用から30分

ただし、毎回同じ時間で効果が発揮されるわけではないので、性行為の1時間前に服用しておくと安心です。

レビトラの効果が実感できない場合

レビトラ実感できない

レビトラの効果が実感できない場合、次のようなことが考えられます。

  • 用量が足りていない
  • 性的刺激が足りていない
  • 体質的に効きにくい
  • 食事やアルコールの影響を受けている
  • 精神的な要因やストレス
  • 偽薬の可能性

用量が足りていない

レビトラの用量には10mg・20mgの他にも5mgというのもあります。

  • 高齢者
  • マクロライド系抗生物質(エリスロマイシンなど)
  • シメチジン

こうした特定の人や使用中のお薬との相性を考慮して、5mgが用いられることがあります。
EDの症状の程度によっては低用量だと効き目が実感しにくいこともあるので、医師に問題ないと判断されれば用量を上げてみると効果を実感しやすくなるかもしれません。

性的刺激が足りていない

レビトラは勃起をサポートするお薬であり、あくまでも性的刺激・興奮がきっかけとなって勃起を促します
そのため、刺激や興奮が足りていない場合は、レビトラを服用していても実感ができない可能性があります。

体質的に効きにくい

レビトラは、EDの方であれば誰にでも有効ということはありません。
中には体質的に効きにくいということもあり、レビトラとの相性が悪い方もいます。
もし何度か試しても思うように効果が得られない場合には、医師に相談し他のED治療薬を試すことも検討してみてください。
クリニックよっては、ED治療薬5種セットなども用意しているクリニックもあるので活用してみましょう。

食事やアルコールの影響を受けている

レビトラは食事の影響をまったく受けないわけではありません。

  • 脂質の多い食事(700kcal以上)
  • アルコールの飲み過ぎ

服用前の食事やアルコールがレビトラの効き目を左右してしまうことがあります。
効き目が現れにくくなるだけでなく、人によっては「飲んだのに効かなかった」ということもあるので服用前の飲食には注意しましょう。

精神的な要因やストレス

精神的なストレスがあったり、他のことで頭がいっぱいだと、性行為に集中できないという経験をお持ちの男性もいるでしょう。
精神的な面が影響してしまうと性的な刺激や興奮が男性器に伝わりづらくなってしまい、レビトラを服用してもうまく効いてくれないことがあります。
この場合には精神的な問題を解決あるいは解消することで、効き目の変化を実感できる可能性が高いです。

偽薬の可能性

海外通販を利用して海外製のレビトラを購入した場合、効果や品質については保証されません。
ED治療薬は海外通販の中でも特に偽物が多く、効果がないばかりか、重篤な副作用を引き起こした例もあります。

もし海外製のレビトラを使っているのであれば、効き目の有無に関わらず使用は控えるようにしてください。

レビトラの購入方法

レビトラ購入方法

レビトラには3つの購入方法があります。

  • クリニック処方
  • オンライン処方
  • 個人輸入(海外通販)

この3つの購入方法中でも、国内で承認されたレビトラを取り扱っているのは「クリニック処方」「オンライン処方」の2つです。
海外通販(個人輸入)は医師を介さないため危険性が高い購入方法となります。

関連情報レビトラの購入方法や注意点について

レビトラの購入方法や注意点について

レビトラの購入方法について解説しています。レビトラを購入する場合、クリニック処方、オンライン処方、海外通販の利用などの方法がありますがこのページでは購入の際に注意することなどを解説しています

関連情報レビトラの価格相場を検証!50クリニックを調査してみた!

レビトラの価格相場を検証!50クリニックを調査してみた!

50クリニックを対象にレビトラの価格相場を調査。レビトラの価格ランキングや価格を抑える方法などの関連情報についても解説。

レビトラは早漏防止効果がある

レビトラ早漏防止

レビトラは「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」を以外にも、早漏治療にも有効である可能性が示唆されています。
詳しいことは解明されていませんが、勃起時の硬さが影響しているとの見方もあります。

早漏だけを改善する目的でレビトラを使用することは推奨できませんが、EDに加え早漏の悩みを抱えている男性はレビトラのみで改善できる可能性もあります。

レビトラの副作用

レビトラ副作用

レビトラの副作用は以下の通りです。

  • 顔のほてり
  • 目の充血
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 消化不良

など

こうした副作用はレビトラの一時的な症状です。
効果が薄れるにつれて、副作用も徐々に治まることがほとんどです。

関連情報レビトラの副作用について徹底解説!安全に利用するために

レビトラの副作用について徹底解説!安全に利用するために

レビトラのは間違った方法で利用してしまうと副作用のリスクが高まってしまいます。このページではレビトラの副作用について、また副作用を予防するための方法について解説しています。

レビトラを使用するときの注意

レビトラ注意点

レビトラは安全性の高いお薬ですが、誤った方法で服用してしまうと健康被害や重篤な副作用が起こる可能性があります。
そのため、レビトラを服用する場合は必ず医師の処方や服薬指導を受けてから服用するようにしましょう。
また、併用してはいけないお薬などもあるので、レビトラを処方してもらう際は医師に持病や常飲薬のことを必ず伝えるようにしてください。

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。