search

中折れになる3つ原因と改善方法

中折れとは

中折れとは、性行為の最中に勃起が弱まり、ペニスが柔らかくなってしまうことで性行為が続けられなくなる状態のことです。
中折れの原因は加齢、生活習慣、精神的な要因の3つがあるとされており、場合によっては治療薬が必要なこともあります。
この記事では、中折れの原因や改善方法に関して解説していきます。

当サイトでは、無料EDセルフチェッカーで自身がEDの傾向があるのかを診断できます。
最近、「中折れの頻度多い」「硬さがなくなった」などを感じている方は、ぜひ一度ご利用しださい。

中折れになる3つの原因

中折れになる3つの原因

中折れの主な原因は、以下の3つです。

  • 加齢に伴う身体的な衰え
    年齢:年齢:40代~
    動脈硬化などの血管障害などによりペニスに十分な血液が届かなくなる

    理由や年齢を詳しく見る

  • ーーーーーーー

  • 生活習慣の乱れや生活習慣病
    年齢:40代~
    生活習慣病やてんかん、男性ホルモンの低下によって起こるED。

    理由や年齢を詳しく見る

  • ーーーーーーー

  • 精神的な問題が影響している
    年齢:関係なし
    トラウマ、ストレス、気分が乗らないなどの精神的な問題

    理由や年齢を詳しく見る

加齢に伴う身体的な衰え

加齢に伴って中折れする頻度が増えたという男性は多く、30~40代から増加傾向にあります。
その理由として、動脈硬化が中折れの原因となっている場合が多くあります。
動脈硬化になるとペニスに十分な血液が行き届かなくなり、「勃起の維持が困難」「勃起しても柔らかい」という状態になります。
他にも血管障害や男性ホルモンの低下、てんかん・脳卒中などの神経障害なども中折れの原因となります。
一般的に身体的な問題で勃起の維持に支障を期待している状態を器質性EDと言われています。

器質性EDの治し方

生活習慣の乱れや生活習慣病

ジャンクフードや脂質が多い食事、喫煙や運動不足など生活習慣が乱れている場合、全身の血流が悪くなります。
全身の血管が悪くなるとペニスへ血液が流入しづらくなり、勃起の維持に必要な血液が足りなくなるため、中折れをしやすくなってしまいます。
また、生活習慣が乱れていると高血圧や糖尿病などの生活習慣病になりやすく、中折れのリスクが高まるので注意が必要です。
生活習慣の乱れは40代以降から影響が出やすい傾向にあり、生活習慣病が原因の場合も身体的な問題があるため、器質性EDと判断されます。

器質性EDの治し方

精神的な問題が影響している

精神的な問題は個人で様々ですが、「過去のトラウマ」「ストレス」「緊張」「気分が乗らない」などの理由が挙げられます。
これらの理由によって、性行為に集中できない状態になったり、性的興奮がうまく伝達されない状態になることで中折れに繋がります。
精神的な理由で中折れする男性は20~30代に多く、パートナーに打ち明けることも解決方法のひとつです。
このような精神面が影響して性的な興奮や刺激がうまく神経に伝達されない状態を心因性EDと言います。

心因性EDの治し方

中折れの改善方法

【中折れの頻度】
低い(生活習慣の改善)→→→高い(ED治療薬)

方法 改善スピード 価格
ED治療薬 15~3時間(服用時) 260円~2,000円
生活習慣の改善 長期的

中折れはED治療薬での改善方法が一般的となっています。
生活習慣を見直すことでも改善が期待できますが、長期的な期間を目安に改善を行っていく必要があります。

即効性ならED治療薬

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。
即効性があり、性行為の前に服用するするだけで中折れの改善が期待できます。
ED治療薬の中でもレビトラは一番即効性が高く、予期せぬ中折れの場合にも対処しやすいでしょう。

種類 方法 改善スピード 価格
レビトラ
レビトラ
即効性が高く、
予期せぬ中折れの場合にも対処しやすい
15~30分 1,015円
~2,000円
バイアグラ
バイアグラ
実績があり、
ED治療薬の中で一番有名
30~60分 260円
~1,586円
シアリス
シアリス
世界シェア率No.1。
長く効くED治療薬
1~3時間 880円
~1,922円

中折れ治療の流れを確認する

日常的に取り入れたい改善方法

中折れを改善するためには、日常的な習慣の乱れを整えることで改善できる場合があります。
特に生活習慣病などを患っている方やその可能性がある方はEDになりやすい体質のため、以下の方法を取り入れてみましょう。

生活習慣の改善

生活習慣が乱れることで、血流が悪くなり、海綿体に血液が集まりにくくなってしまいます。
そうなると、勃起の維持が困難になったり、中折れもしやすくなります。
ジャンクフードや脂質の多い食べ物を日常的に食べている人は頻度を減らし、野菜や果物、脂質の少ない肉・魚類を積極的に摂りましょう。
水を毎日1.5~2リットル飲むことでも血流が良くなり、中折れのリスクを減らせます。

ストレス解消

ストレスが多くなると性的な興奮をしにくくなり、勃起が正常にできなくなります。
これにより中折れが発生しやすくなるため普段から疲れている人は気分転換に努めましょう。
ストレスの根本となる問題を取り除ければ良いですが、難しい場合は趣味に没頭したり、お香を焚いて音楽を聞いたりなど、リラックスできる時間を増やしましょう。
また、しっかりと睡眠を取ることもストレスの改善に繋がります。
パートナーとの関係性に悩んでいる場合は、一度話し合いの時間を設けてみるのも良いでしょう。
性行為に対して苦手意識やマイナスの感情が強いと改善には時間がかかってしまいます。パートナーに話しにくい場合はカウンセリングを利用するのも良いでしょう。

サプリメント

中折れを改善するには、亜鉛やシトルリンなどの栄養素を取り入れるのが効果的です。
亜鉛は、足りていない場合に男性機能不全を引き起こしやすくなり、シトルリンは血管の拡張効果が期待できます。
亜鉛や牡蠣や豚レバー、シトルリンはスイカやメロンに含まれていますが、なかなか日常的に接種するのは難しいという人が多いでしょう。
普段の食事に取り入れるのが難しい場合はサプリメントを活用することをおすすめします。

  • 亜鉛

1.男性機能の改善

2.味覚を正常に保つ

3.免疫力の向上

  • シトルリン

1.血管拡張作用

2.代謝の促進

適度な運動

適度な運動を行うことで、血流が良くなって勃起しやすい状態になります。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うのが特に効果的ですが、難しい場合は自宅で踏み台を昇り降りするといった簡単な運動でも構いません。
また、スクワットを行うことで、海綿体に血液を送り込むポンプの役割がある、「骨盤底筋」を鍛えられます。
筋トレを行うことで男性ホルモンの増加や性欲の向上も期待できます。
普段一切運動をしない人は、室内でできる簡単な運動から取り入れてみましょう。

中折れ治療の流れ

1、クリニックを選ぶ

2、予約する

3、診察

4、処方

中折れの治療を行う場合は、ED治療と同じ治療を行います。
触診や検査などもなく、診察のみでED治療薬を処方してもらえます。
また、ED治療は自由診療のため、クリニックによってED治療薬の価格は異なります。
そのため、エリアや処方薬の価格などを確認してクリニックを選びましょう。

オンライン対応のクリニックを選ぶと便利

  1. 予約
    スマホ・PCで簡単予約
  2. ーーーーーーー

  3. ビデオ通話で診察
    診察時間は約10分、来院不要
  4. ーーーーーーー

  5. 治療薬は自宅まで配送
    即日発送、お届けまで1日~3日

下記のページでは、オンライン診療に対応している「コスパが良い」「評判が良い」おすすめのEDクリニックを紹介しています。
ED治療をこれから始める方は参考にしてみてください。

中折れは早めに改善しよう

中折れは早めに改善しよう

中折れは、EDの症状の1つです。放置するとED治療薬が効かなくなり、最悪の場合は手術が必要です。
中折れが頻発すると精神的にも不安になるため、その不安がさらに中折れを悪化させる負のループが発生します。
日常生活の改善で良くなる場合もありますが、その場合は時間がかかります。
すぐにでも中折れを改善したいのであれば、ED治療薬での治療を行いましょう。

ED診療クリニック一覧

関連記事ED治療薬の購入方法や相場について

ED治療薬の購入方法や相場について

ED治療は一般的にバイアグラやシアリス、レビトラといったED治療薬やそのジェネリックが主流となっています。ED治療薬で効果がなかった場合には陰茎プロステーシス手術やICI療法といった施術を行います。ED治療の費用の目安や治療までの流れを解説しています。

この記事を書いた人

オンライン編集部:キム
オンライン編集部:キム
3年間EDクリニックのカウンセラーとして勤務。その際に、多くの男性の悩みを聞き、解決法を広く伝えたいという思いでライターに転職。現在はクリニック体験談記事を中心にED治療に対する記事を執筆中。 趣味は釣り、サウナ、ゲーム。