search

中折れの原因や今すぐできる改善方法!

中折れとは

中折れとは、性行為の最中に勃起が弱まり、ペニスが柔らかくなってしまうことで性行為が続けられなくなる状態のことです。
中折れの原因は加齢、生活習慣、精神的な要因の3つがあるとされており、場合によっては治療薬が必要なこともあります。
この記事では、中折れの原因や改善方法に関して解説していきます。

【女性】中折れされた時に感じること

【女性】中折れされた時に感じること

中折れになってしまうと性行為が続けられなくなり気まずいムードが流れるだけでなく、性行為に対して自信喪失に繋がってしまう男性は非常に多くいます。
次回も中折れしてしまうのではないかという不安によって、性行為に対して後ろ向きになってしまう人も多いのではないでしょうか。
それだけでなく、中折れはパートナーである女性にも不安を招いてしまいます

  • 自分には魅力がないのではないか
  • 身体の相性が悪いのではないか
  • 自分の膣内が緩く、相手を満足させられないのではないか

中折れをされると女性側は上記のような不安を抱くことも少なくありません。
大切なパートナーの不安を払拭するためにも、中折は早めに改善することが良いでしょう。

【女性】中折れに関するアンケート

中折れになる3つの原因

中折れになる3つの原因

中折れの主な原因は、以下の3つです。

それぞれの原因について詳しく解説をしていきます。

加齢

中折れの原因の1つが加齢です。
加齢と共に、男性ホルモンが低下して性欲が減少します。
これにより自然と勃起力が弱まってしまい、中折れが起こります。
器質性EDと呼ばれ、個人差はありますが一般的には40代に差し掛かると中折れの頻度は多くなってしまいます
しかし、加齢による中折れが頻発してしまっても自分を責めすぎないようにしましょう。
性行為への緊張や不安が高まってしまうとより中折れしやすくなってしまいます。
加齢によるEDの場合でもED治療薬は有効性が高いことから、まずは医師の診断を受けてから服用を検討してみましょう。

器質性ED

精神的な要因

中折れの原因の2つ目が、心因性EDと呼ばれる精神的なものです。
過去に性行為の失敗によって破局に繋がってしまったトラウマや、仕事やプライベートでのストレスが大きすぎて、性行為に集中できないなどが例として挙げられます。
ストレスが原因の場合、上手く興奮ができないことや他のことを考えてしまうことから中折れがしやすくなってしまいます。
極度の緊張状態も同様です。
1度中折れせずに満足行く性行為ができれば自信が付き、改善されることも多いため、ED治療薬を短期的に使うことも有効的です。

心因性ED

生活習慣

中折れの要因の3つ目が、生活習慣の乱れです。
加齢によるEDと同じく器質性EDに分類されます。
特に、40代以降から生活習慣が要因となってEDになることが多くなっています
そもそも勃起は、海綿体に血液が集中することで起こります。
生活習慣が乱れると血流が悪くなり、男性器への血流が流入しにくい状態になります。
そのため、勃起の維持や中折れが発生しやすくなってしまいます。
特に血管の収縮に繋がる行為が喫煙です。
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、中折れを引き起こす要因となります。
他にも過度な飲酒やジャンクフードなどが習慣になってしまっている人は注意が必要です。
食習慣の改善や入浴によって血流を改善しましょう。

器質性ED

【危険】中折れを放置しない

【危険】中折れを放置しない

中折れは、EDの症状の1つです。
治療せずに放置すると症状が悪化し、ED治療薬が効かなくなることもあります。
また、生活習慣の乱れが原因でEDになっている場合、生活習慣病の悪化や動脈硬化が進んで他の重病に発展する可能性も充分考えられます。
パートナーとの関係悪化を避けるためにも原因を見つめ直し、改善に取り組みましょう。

中折れの改善方法

中折れの改善方法

中折れを改善するには治療薬を使う方法と日常で取り入れる方法と、大きく分けて2種類があります。
一般的にはED治療薬を使いますが、日常的に取り組める改善方法も合わせるとよりEDが
改善しやすくなります。

即効性ならED治療薬

ED治療として生活習慣の改善では短期的な効果は見込めませんが、ED治療薬であれば即効性があり、性行為の前に服用するだけで中折れの改善が期待できます。
ED治療薬は服用することで血管が拡張され、血流が良くなります。
これにより男性器への血流が増え、勃起状態を維持しやすくなるという仕組みです。
ED治療には手術もありますが、基本的には治療薬が効かなかった場合の最終手段です。
そのため、ED治療を始める場合は、ED治療薬から試しましょう。

ED診療クリニック一覧

日常的に取り入れたい改善方法

中折れを改善するためには、日常的な習慣の乱れを整えることで改善できる場合があります。
特に生活習慣病などを患っている方やその可能性がある方はEDになりやすい体質のため、以下の方法を取り入れてみましょう。

生活習慣の改善

生活習慣が乱れることで、血流が悪くなり、海綿体に血液が集まりにくくなってしまいます。
そうなると、勃起の維持が困難になったり、中折れもしやすくなります。
ジャンクフードや脂質の多い食べ物を日常的に食べている人は頻度を減らし、野菜や果物、脂質の少ない肉・魚類を積極的に摂りましょう。
水を毎日1.5~2リットル飲むことでも血流が良くなり、中折れのリスクを減らせます。

ストレス解消

ストレスが多くなると性的な興奮をしにくくなり、勃起が正常にできなくなります。
これにより中折れが発生しやすくなるため普段から疲れている人は気分転換に努めましょう。
ストレスの根本となる問題を取り除ければ良いですが、難しい場合は趣味に没頭したり、お香を焚いて音楽を聞いたりなど、リラックスできる時間を増やしましょう。
また、しっかりと睡眠を取ることもストレスの改善に繋がります。
パートナーとの関係性に悩んでいる場合は、一度話し合いの時間を設けてみるのも良いでしょう。
性行為に対して苦手意識やマイナスの感情が強いと改善には時間がかかってしまいます。パートナーに話しにくい場合はカウンセリングを利用するのも良いでしょう。

サプリメント

中折れを改善するには、亜鉛やシトルリンなどの栄養素を取り入れるのが効果的です。
亜鉛は、足りていない場合に男性機能不全を引き起こしやすくなり、シトルリンは血管の拡張効果が期待できます。
亜鉛や牡蠣や豚レバー、シトルリンはスイカやメロンに含まれていますが、なかなか日常的に接種するのは難しいという人が多いでしょう。
普段の食事に取り入れるのが難しい場合はサプリメントを活用することをおすすめします。

  • 亜鉛

1.男性機能の改善

2.味覚を正常に保つ

3.免疫力の向上

  • シトルリン

1.血管拡張作用

2.代謝の促進

適度な運動

適度な運動を行うことで、血流が良くなって勃起しやすい状態になります。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うのが特に効果的ですが、難しい場合は自宅で踏み台を昇り降りするといった簡単な運動でも構いません。
また、スクワットを行うことで、海綿体に血液を送り込むポンプの役割がある、「骨盤底筋」を鍛えられます。
筋トレを行うことで男性ホルモンの増加や性欲の向上も期待できます。
普段一切運動をしない人は、室内でできる簡単な運動から取り入れてみましょう。

中折れは早めに改善しよう

中折れは早めに改善しよう

中折れは、EDの症状の1つです。放置するとED治療薬が効かなくなり、最悪の場合は手術が必要です。
中折れが頻発すると精神的にも不安になるため、その不安がさらに中折れを悪化させる負のループが発生します。
日常生活の改善で良くなる場合もありますが、その場合は時間がかかります。
すぐにでも中折れを改善したいのであれば、ED治療薬での治療を行いましょう。

ED診療クリニック一覧

【女性】中折れに関するアンケート

【女性】中折れに関するアンケート

最後に、女性に対して中折れに関するアンケートを行った結果を掲載します。

【勃起障害や中折れの経験がある人が回答】相手のペニスが萎んだり、途中で萎えてしまう状態が続いた場合、どのような心境になりますか。

中折れに関するアンケート1

セックスでの挿入時、相手のペニスの状態で最も好ましい状態を教えてください。(703名)

中折れに関するアンケート2

パートナーの勃起力が低下した場合、ED治療薬をパートナーに服用してほしいと思いますか。(703名)

中折れに関するアンケート3

パートナーにED治療薬を服用してほしいかどうかのアンケートでは、ほぼ半々という結果になりました。使用してほしいと思わないと答えた理由に関しては、「そこまでしてセックスしたいと思わない」という理由が多かったです。

オンライン診療NAVI-TOP